映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
blog概要
映画の感想
 独断と偏見による映画の批評を書いてます。
TV・ゲームの日記
 ドラマやお笑い番組の感想、TVゲームのレビュー等をつらつらと書いてます^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジブリ映画の「借りぐらしのアリエッティ」をDVDで見ました。
相変わらずのキレイな絵と世界ですよね^^
音楽も素晴らしい。
最近、ジブリをほめるときに、音楽と映像の美しさに走ってしまうのは、登場人物の魅力やシナリオが音楽や映像を超えないからでしょうか・・・

今回のアリエッティも、小人という特殊な設定なのを差し引いても、それほど魅力がつまった人をひきつけるキャラクターかと言うと・・・

そして病気の少年も、ほろびについて冷たく語るところとか、唐突な感じがありましたしね。

ストーリーの進行上必要なのはわかりますし、メッセージ色が出ているのでしょうけども、彼の個性として考えたときに、彼女にそれを言ってしまうのは、手術をひかえ不安になっている状態というのを差し引いても違和感があります。

何しろ家族から聞いていて、一度でも会いたいと願っていた相手なんですからね、アリエッティは。

といろいろブツブツ書きましたが、見終わって、見て損したと思う作品ではありません。

ジブリ映画って、たぶん私の中で期待値が高いんだと思います。

構えてみる分、ああ、こんなもんかとつい思ってしまうんですよね・・・

十分見る価値のある水準に達していても、決して心から満足することはできない最近のジブリ作品。

また私たちに元気をくれるような作品、あるいは価値観を広げてくれるような作品を世に出して欲しいですね^^

映画借りぐらしのアリエッティあらすじ
(goo映画より引用)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD16550/
 アリエッティはとある郊外の古い屋敷に住んでる小人の女の子。
小人の一族は、自分たちの暮らしに必要なモノを必要なだけ人間の世界から借りて生活する、借りぐらしの種族だ。
アリエッティが初めて借りに出たその夜、借りの最中に病気の静養でこの屋敷にやってきた少年・翔に姿を見られてしまう。
人間に姿を見られたからには、引っ越さないといけない。
掟と好奇心の間でアリエッティの心は大きく揺れるのだった…。


【送料無料】借りぐらしのアリエッティ
ガリバー旅行記の感想。
主演のジャック・ブラックが好きなので見に行ってきましたが・・・
まず3Dの必要はまったくないですね。
無駄に料金上がりますし、やめてもらいたいですね安易な3D化は。意味がない上に、疲れるんですよねあのめがね。

そして本編は、予告以上でも以下でもないといいますか。
ジャック・ブラックらしいといえばそうなんですけども、もう少し子供も大人も楽しめる作品かと期待していました。

ストーリーはシンプル
映像は特に迫力なし
ジャック・ブラックの独特の愛嬌はあいかわらず
昔の映画のパロディらしきシーンでくすり

といった感想です。

脇をかためるキャストがもう少し個性的で面白ければ、もっといい映画になったと思うんですけどもね・・・・

時間も短いので手軽に見れる映画ですけども、ジャックが現代的な服装とノリでガリバーの世界に行くミスマッチの面白さのみが売りの映画と感じてしまいました。

それ以上を期待するとガッカリすると思います・・・

映画 ガリバー旅行記あらすじ
(goo映画より)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD17790/story.html
ニューヨークの新聞社で郵便係として働くガリバー。
うだつのあがらない彼だが、5年間片思いしている旅行記者のダーシーからバミューダ・トライアングルの取材を持ちかけられ、取材旅行に行く事に。
しかしバミューダ沖で嵐に遭遇した彼は、中世風の衣装を着た小人たちが暮らすリリパット王国に流れ着く。
一度は囚人として捉えられた彼だが、その体の大きさを活かして敵国の襲撃を蹴散らした事から、英雄として扱われるようになる。

映画館で、塔の上のラプンツェルを見てきました。
3Dアニメーションとしての完成度も高く、映像も綺麗、主人公のラプンツェル、相手役のフリン、レストランで知り合うわけありメンバー等の登場人物達も魅力的、白馬やカメレオンの動物達も魅力的で、子供から大人まで幅広い客層に受け入れられる作品だと思いました。

最近暗いニュースも多いですし、こういうほのぼのした作品をゆっくり見ることができるというのは、めぐまれていることだと思います。

ディズニーの本骨頂である、見る人を明るくさせる、希望の灯りをともす作品だと思います。

外の世界には、いろいろ問題もありますし、危険もあります。

その中を希望を持ち続け、明るく頑張ろうという気にさせてくれ、今の時代にピッタリの映画なのでオススメです。

塔の上のラプンツェルのあらすじ
(goo映画より引用)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD16871/index.html
深い森に囲まれた、高い塔の上で暮らしてきたラプンツェルは、黄金に輝く長い髪を持った少女。
母親に「外は恐ろしい世界。絶対に出てはダメ」と言われつづけ、塔から一歩も出たことがない。
そんな彼女の夢は、毎年、誕生日になると夜空いっぱいに現れる“不思議な灯り”を近くまで見に行くことだった。
ラプンツェルの18回目の誕生日が近づいてきたある日、お尋ね者の大泥棒フリンが塔の中に迷い込んで来て…!?
映画ウォール・ストリートをお台場の映画館で見てきましたが、公開初日にもかかわらずガラガラでした。
内容は、米金融機関(投資銀行)を皮肉りながら、前作の時代と、今の時代の差を描き、そしてかつてのカリスマ投資家ゲッコーが、現代に戻ってきたら・・・という内容なのですが、金融期間を皮肉る部分はまだしも、人間ドラマの部分は、ちょっと微妙ですね。
突っ込みどころが満載ですし、結局変わったのか変わっていないのか。

・・・・以下の感想はネタバレ含みますので、ご注意を・・・

最後の終わり方微妙ですよね。

次世代エネルギーへの投資、ということでハッピーエンドっぽくしていますが、あの結論は2重の意味で、ゲッコーがお金じゃなくて他の大切なものを選んだのかどうか、わからない行動です。

まず1億ドルの投資。次世代エネルギーの会社へ投資は、確かに若い2人の意向でもありますけど、次のバブルでもあり、そこへの投資、と思えばまったく純粋な返還、ボランティアとは思えません。

そしてその金額、1億ドル。
元々娘に渡していた1億ドルをぶんどり、それを元手に業界に復帰。そして10億ドルまで増やしたタイミングで1億ドルを投資。というわけなので、増やした残りの9億ドルだって、元手あっての話であり、ゲッコー自体が彼のビジネスを続けるのに9億ドルで何の支障もないわけです。新たなパートナーも得ていましたしね。

そういう意味でもあの終わり方、あんまりすっきりした気持ちにはならなかったんですよね、いくら最後に孫と一緒にパーティでじゃれていても・・・・

映画ウォール・ストリートあらすじ
2008年のニューヨーク。投資銀行に勤めるジェイコブは順風満帆の人生を送っていた。
結婚を前提に付き合っている女性ウィニーとの交際も順調だった。
ところが、勤める投資銀行が急激な業績悪化により株価が暴落、突然破綻し、ジェイコブ自身も資産を失ってしまう。
それが、金融業界の黒幕ブレトンの陰謀だと知ったジェイコブは、刑務所を出た元大物投資家のゲッコーに接近する。
そのゲッコーは、ウィニーの実の父親でもあった。

映画、僕が結婚を決めたワケの感想
恋愛コメディ映画なのですが、主人公のロニーが40歳という設定で、恋愛というより結婚について悩める中年。

しかも悩んでいるといっても、序盤からすでに本格的に何かがひっかかってどうしてもできない状態というよりは、まあするとは思っているよ、ぐらいで決断していないだけの感じです。

なにか煮え切らないところが多く、そしてあまり見所というか、盛り上がりにもかける感じですね。

どうなでしょう、これ、どういう年代、性別がターゲットの映画なんですかね?

ヒューマンドラマにしては感動、ひねりもないし、恋愛ドラマしては女性受けするキャストでもないし・・・

ロン・ハワード監督だったので、私も見にいったんですけど、ガッカリな内容でした。

見終わった感想は、どうせなら、中年の結婚生活にスポットをあてた社会派ドラマに仕上げてくれれば良かったのになーと。

僕が結婚を決めたワケのあらすじ
 ベンチャー企業を経営してい40歳のロニー・ヴァレンタインは恋人のベスと同棲中。
なかなか結婚に踏み切れなかった彼だが、いよいよプロポーズしようと決心した時、ビジネス・パートナーで親友のニックの妻・ジェニーヴァが浮気をしているのを見てしまう。
仕事でも大きなプレッシャーを抱えているニックに真実を告げるべきか悩むロニー。
そんなロニーを見たベスは、克服したはずの賭博依存症が再発したのではないかと疑いを持つ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。