映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
blog概要
映画の感想
 独断と偏見による映画の批評を書いてます。
TV・ゲームの日記
 ドラマやお笑い番組の感想、TVゲームのレビュー等をつらつらと書いてます^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月14日オンエアの月9ドラマ、大切なことはすべて君が教えてくれた 第5話の感想
ついにあの夜何があったのかクリアになりましたね。
まあ今までの伏線で、こんな感じかなとは思っていたので、確認したという感じではありますが。

しかし学年主任の先生役の西村雅彦さん、いい味だしてますねー。
名脇役の本領発揮といったところです。

それに、主人公2人と三角関係になった生徒ひかりの武井咲さんも、いい演技をしていると思います。

今回の役にイメージがピッタリなのもありますが。

主人公修二(三浦春馬)が、今回の放送の最後のほう、ひかりと一緒にいてあげなきゃ、みたいなニュアンスで近づきますが、罪な男ですね・・・
最後まで責任をとれないのであれば、とるべき行動ではないですよね。

そして修二の兄は、きっとまだ何かやらかしますね。予告にはなかったので、次回放送ではなく、後半かもしれませんんが。
なんか嫉妬以外にも、いろいろなカラミが過去にありそうですよね。
わけありな感じがします。

ここまで急スピードで進行していましたが、来週の予告では半年飛ぶようです。

最近のドラマは展開が早いですね・・・

久しぶりに毎週見てしまう月9ドラマですが、世間ではあんまり話題になってませんね。

それほどダメダメなドラマではないですし、旬な役者さんが出ているんですけどもね・・・・



ドラマ、「大切なことはすべて君が教えてくれた」の第3話を見ました。
前の感想にも書きましたが、展開が早いですね。

第2話の最後のウェディングドレス試着の場面でバレてますからね、主人公の三浦春馬君が、生徒である武井咲さんと寝たことが。

婚約者の戸田恵梨香さんも泣いたり怒ったり笑ったり大変です、これだけ展開が早いと(笑)

そしてじれったかった春馬君もようやく意思を表示し、動き始めたと思ったら・・・

次回予告では、内田さん演じる看護婦さんが学校にチクるんだと思いますが、生徒にバレている状態に。

はてさて・・・・

まだ第4回ですよ?

ここまでで拾っていない伏線って、兄弟関係でしょうか。

あの、あやまちを起こした日、何があったのか。

それぐらいですよね・・・

あとは元彼の篠田麻里子さんが、これ以上どうからんでくるのか。

もしも本格的にからんでくるようなことがあれば、一層ドロドロの状態に。

久々にガッツリ恋愛どろどろの月9。

世間ではあまり話題になっておらず、視聴率もいまいちのようですが、私は楽しみに見ています^^
フジテレビの月9ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」の第1話を見ました。
戸田恵梨香さんも、AKb48の篠田麻里子さんも好きなのでこのドラマを見ることにしたのですが、1話目から結構話が展開します。
きっと今の若い世代は、ドラマでもたもたして話が進まないと、見ないんでしょうね(笑)

主人公の三浦春馬君って、確かにかっこいいですが、なんとなくいまどきの顔じゃないですよね?
なんというか垢抜けないというか。

学園物なんですが、どちらかというと教師の恋愛にスポットがあたっているし、初回を見る限りはさわやかな学園ドラマよりはドロドロした感じになっていきそうかなと。

篠田さん演じる役も主役2人カップルと一緒にうつっている写真を見るとき、意味深な表情をしたので、2人のどちらか?をすきなのでしょうね、祝福しながらも内心は。

そして生徒役で、三浦春馬君演じる先生と寝てしまった武井咲さんが演じるひかり。
目力ありますねー。

このドラマではかなり重要な役になっていくと思われます。

初回ということで、キャストは一通り出てきたと思うんですが、男性陣は春馬君のほかは、風間杜夫さんと西村雅彦さんって・・・・

よくわからないキャストですが、狙っているのは若い世代なんですよね?

なんだかんだ第2話も見る予定なので、また感想を書こうと思います^^


大切なことはすべて君が教えてくれた 第1話あらすじ(フジテレビ公式HP)
http://www.fujitv.co.jp/kimigaoshietekureta/trailer/index01.html
外交官・黒田康作、久々に見たいなと思うドラマだったので、初回2時間スペシャルを見ました。
映画アマルフィの世界観とキャラを引きついだドラマなのですが、映画に比べるとスローテンポでちょっとダラダラしちゃってましたね。
もう少しテンポ良く進行し、ハラハラドキドキさせてくれるとうれしいのですが。

それに結構お金かかっているはずなのに、カーチェイスのシーンの車内からの映像とか、妙に安っぽいシーンがあって、そこで、え?と思ってさめちゃったりしました。

どうにかならないんですかね、ちょっとした工夫とか、無理なシーンはいれないとか、できると思うんですけどもね。

織田さん、こういう役もあっていると思いますし、踊るシリーズに続くはまり役になる可能性もひめていると思うので、いいドラマにしていってもらいたいですね^^

外交官・黒田康作 第一話あらすじ
http://www.fujitv.co.jp/KOSAKUKURODA/trailer/index.html
(フジTV公式HPより)
日本国外務省の外交官、黒田康作(織田裕二)は、上司の安藤庸介(鹿賀丈史)から邦人保護の密命を受け、世界各地を転々としている。南米で発生した日本人の誘拐事件を解決した黒田が、次に向ったのはサンフランシスコ。目的はWTO農業交渉会議で現地を訪れる外務副大臣、観上祥子(草刈民代)の警護だ。

サンフランシスコに入り、会議の警備状況を確認した黒田は情報屋のジョン(イ・ビョンホン)と会い、FBIの動きを聞く。その後、黒田は元外交官の霜村毅(香川照之)と再会。11年前、在メキシコ日本国大使館に勤務していた黒田と霜村には、浅からぬ因縁があった。別れ際、霜村は黒田に"すまない"と謎の言葉を残す。

その頃、日本では佃署管内で、大学教授の殺害事件が発生していた。遺体の第一発見者は佃署の刑事、大垣利香子(柴咲コウ)。利香子は、遺体発見時の違和感を上司に訴えるのだが相手にしてもらえない。

農業交渉会議では祥子が過激派に襲われそうになるのだが、黒田の機転で事なきを得る。なぜ過激派が簡単に潜入できたのか? 内通者を疑う黒田に、日本人が飛び降り自殺をしたと知らせが…それは霜村だった。

一方、佃署管内の殺人事件の容疑者も、足跡や指紋、遺留品から容疑者が浮かび上がる。なんと、その容疑者は霜村。利香子は、霜村の遺体や証拠品の確認のため彼の娘、瑠衣(夏帆)とサンフランシスコへ。そんな2人を、黒田が待っていた。

最近TVドラマをあんまり見ていませんでしたが、この春ドラマはMotherを見ています。

一回見てしまったら、子役から目を離せません。

ドラマのタイトルにあるように、様々な立場の母親が出てくるのですが、松雪さんが誘拐して助けることになる娘を演じている子役がすばらしいのです。

こんなにドラマで泣いたの久々だと思います。

ちょっと見てみなくなったキムタクの月9よりも断然見ごたえがあります。

今週いよいよ最終回。

ワールドカップ予選、デンマーク戦とともに、楽しみです^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。