映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
blog概要
映画の感想
 独断と偏見による映画の批評を書いてます。
TV・ゲームの日記
 ドラマやお笑い番組の感想、TVゲームのレビュー等をつらつらと書いてます^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4回ピンモネア 2009.1.31 On Air の感想

イロモネアはちょっとマンネリになりつつありますが、ピンモネアはまだそれなりに新鮮です。

しかしそれにしても、この番組 大西ライオン好きですよね(笑)
知名度からいって、1人別世界ですが、堂々の起用です。
私は結構好きなのでいいと思いますし、1分感の瞬発力という意味では、向いている芸風だと思いますし。

有吉、おもしろかlったですが、完全に今の毒舌キャラの欠点が出ましたね。
女性受けが悪いという。
5人の審査委員のうち、男性2人はすぐ笑ましたが、女性3人は「エー なんでそんなことするの?」という顔で引いてました(笑)

それに気づいて切り替えれば良かったのですが、押そうとして続けましたから。
会場の男女比からいって、女性も笑わせなければいけませんから、辛いところです。

小ネタで押すなだぎ武も、審査員もどこかくすっと笑うシーンが1個ぐらいあって、少しずつ笑っていく感じなので、5人全員笑わすとか、瞬発力、地力が試される場面だと、まだまだ辛いですね。

岩尾は途中アクシデントで2回勝ち抜いたので、変な空気になっちゃいましたね。
今回のメンバーの中では一番地力はあると思っていたのですが・・・

たっちは、バラバラになったわりには、片割れがそこそこ頑張りました。

悪い顔の部分とかどんどん出てくれば、今までのちょっとかわいいのを売りにして無難にレポーターをこなす役回りから、もう少しお笑い方面に出てこれるのかもしれませんが・・・
いずれにせよ、女性にターゲットをしぼっているのは本人達もわかっていると思うので、男性審査員がまじると辛いですよね。私も彼らをずっとTVで見ていて、どこが面白いのかさっぱりわかりません。

村上さんはさすが、3流芸人のベテラン。自分の役回りも限界もよく理解していらっしゃる。
きっちりお仕事をこなしたのではないでしょうか。

山本君、そろそろきついですね。
出れるうちに新しいことにどんどん挑戦して、キャパを広げていかないと、まさに2009年中に消える芸人の1人でしょう。
小島よしおなんて、なんだかんだクイズ番組とか出てますし、露出さえあれば、昔はこんなネタがはやって今は懐かしいと言われる的な自虐ネタでも笑いをとれますし。
出てさえいれば、世の中から忘れられないですからね・・・

今回も100万円が出ませんでした。

もっと個性もある、自力もある人にも出てほしいですね^^

出演
司会  ウッチャンナンチャン 内村 光良   南原 清隆
「ピンモネア」出場者
  有吉弘行
  大西ライオン
  かずや(ザ・たっち)
  たくや(ザ・たっち)
  なだぎ武
  岩尾望(フットボールアワー)
  村上ショージ
  山本隆広

ピンモネア番組内容 毎日放送公式HPより引用
4回目の開催となるウンナン・シチュエーション・バトル「ピンモネア」をお送りする。
 「ピンモネア」とは、番組が用意した5つのシチュエーション&役柄設定をチャレンジャーが使い、5人の審査員から1分以内に笑いを獲るというルール。
 1つのステージをクリアできなければその時点でドロップアウトという、ピラミッド方式が採用されている。
 1stステージのシチュエーションは「学校の教室」で、設定は「テストを見回る先生」。
 2ndステージは「誰もいない部屋」で「泥棒」を、3rdステージは「手術室」で「執刀医」を、4thステージでは「クラブ」で「DJ」を、そしてファイナルステージは「謝罪会見」で「謝罪人」という設定。
 もちろん「ピンモネア」というだけに、コンビ芸人でもピンでの挑戦となる。
 出場者は、過去にレギュラーの『ザ・イロモネア』で挑戦し、「1stステージで敗退のいやな記憶がつきまとっている」という有吉弘行が「設定はがあれば大丈夫」と
リベンジに燃える。大西ライオンは「どんな設定でも心配ないさ~」と歌と踊りでミュージカルにしてしまう強さを活かせるのか?ザ・たっちは双子でもピンでの挑戦!兄・たくやは「昨日から調子わるいです」と早くもプレッシャーを感じている模様、弟・かずやは「たくやには負けたくない」と、どちらが先のステージまで行けるのか兄弟の対決にも注目。なだぎ武は「1分で自分の空気を作っていくのが難しいですね」と、この企画の怖さを研究しての挑戦。フットボールアワーからは岩尾望がピンで参加!「ひとりだと不細工に見えないような気がする」と、単身コントに挑戦。村上ショージは芸暦31年のキャリアで各ステージをどうクリアしていくのか?山本高広は「いつも一人で設定をつけてモノマネしているのでこういうのは得意」と密かに100万円獲得への自信を語るのだが?いまだ100万円獲得者を出していない「ピンモネア」だけに、今回はどうなるか?芸人たちが意地とプライドをかけて挑戦する姿をご覧いただく。

ダウンタウンDX 2009年1月29日放送分の感想

なんだかんだで毎週見てしまうダウンタウンDX。
今日のメンバーでトーク期待できるのは、千秋でしょうか。

やはりこの人、安定して面白いですよね(笑)

今回は、子どもの頃の写真と、傷心旅行のハワイ、それにまつわる仕事をセーブする話あたりがでました。
さすが父娘そろっての熱狂的な阪神ファンです。

キム兄は、おもしろい話とそうでない話と結構波がありますよね。
なんだかんだ最低限の話術はあるので、ダウンタウンDXでもトリをまかされることが結構ありますが、今日のはちょっと弱めでした。

たまにいい話あるんですけどね。

今日の場合はむしろラサールさんのケイちゃんへのラブメールの話のほうがはるかに面白かったですし、オチ向きでした。
清水圭さんに間違って送っていたとは。

確かにあのシチュエーション、清水圭の立場からすると先輩にどう返すか、迷うところではあります(笑)

他の出演者、小池栄子さんや中尾さんは、まあいつも通り安定したしゃべり。

そろそろメンバーもマンネリしてきたので、ニューフェイスでトークに切れがある人に出てきて欲しいですね^^
今週のぐるナイは高級カリフォルニア料理対決。
何気にこういう創作料理系は、感覚よりも値段が高いですよね。

確実に、皆がオーバーしてましたし。

思っていたよりも実際高いわけですから、お店の人はどう感じるんですかね。

要は1万円で出している料理を、7000円の価値だと判断されているわけですから(笑)

今回のお店ELEMENTS(エレメンツ)はHPで見ても、かなり内装がオシャレ系、場所も結構いいところなので、雰囲気と場所代が相当かかってますね・・・

ゲストのGacktさん、かっこいいですねー。
食べたあとの笑顔もかわいらしくて、女性の母性本能をくすぐるのがよくわかります。
求められているトークもできるし、最近バラエティちょこちょこ出てますけど、今後引っ張りだこになりそうですね。

勝負の結果はもう途中でわかってましたよね。
江角さん、ヒドすぎです(笑)

来年はもういない気がしますが、もう少し江角さんの活躍見たかったですね・・・

それにしても森泉は、いつもきっちりいいところを押さえている気がします。
やはりこういうお店での経験値が結構あるのでしょうね。





イロモネア 2009年1月18日放送 の感想

今割と人気のある若手タレントが集結したスペシャル。

個人的にはどきどきキャンプ、ゴージャス、オードリーに期待してましたが、オードリー以外は最後まで残れず。
まぁ ゴージャスは彼にしては頑張りましたが、もう全部エア地球儀でこじつけてやるほうが、まだ良かったような(笑)

最後まで残ったのは4組、はんにゃ オードリー 超新塾 ザブングル。

ザブングル余計でしたね、なんであれで観客が笑うのか不思議でなりません。

はんにゃ、つぼにはまると笑いがおきますが、まだ引出しが少ないですよね。
若いのでこれからのコンビですけども。

超新塾は可もなく不可もなく、いつもの彼ら。これ以上伸びしろは感じられないので、ここまででしょうか。

オードリー・・・
観客も味方についていたし、とれる空気はあったのに、最後のネタがあれでは・・・
M-1と同じで、チャンスをものにできない勝負弱さを感じます。

もったいない・・・・
ロンドンハーツ  格付けしあう女たち 2009年1月13日放送の感想

テーマは「(一般男性に聞いた)付き合っても何のプラスにもならない女」というこれまた手厳しい内容でした。

発表者:柳原可奈子
1位 misono これがmisonoよ!と自分をつらぬく)
2位 杉田かおる(男にまったく尽くさない。)
3位 秋山莉奈(彼氏のテリトリーにガツガツ入っていく。飲み会についていったりとか土足感。)
4位 大島麻衣(AKB48)  (損得勘定で男を査定。そして熊田曜子に似てると プププ)
5位 鳥居みゆき
6位 はるな愛(ON:サービス精神旺盛。OFF:彼氏に求める条件が多い。)
7位 青木さやか (嫌な事こそ家庭で解決。)
8位 柳原可奈子 (男のプライドは守る説教でプラス効果。)
9位 スザンヌ (自分の良かった点を3つ誉めてから寝る。)
10位 青田典子 (嫌な事は家庭に持ち込まず。)

一般男性ランキング
1位 杉田かおる
2位 鳥居みゆき
3位 柳原可奈子
4位 青田典子
5位 misono
6位 大島麻衣(AKB48
7位 はるな愛
8位 秋山莉奈
9位 青木さやか
10位 スザンヌ

今日の放送で特に印象に残ったのが、はるな愛と鳥居みゆき。

まずきょうのはるな愛はヒドかった。
空気は読めてないし、でしゃばるし、かといって笑いも取れてないし、完全に浮いてた。
まだ格付けになれてなくて、気負いが悪い方向にカラ回った感じ。

鳥居みゆきは、ポイントをついて、いい感じで個性を発揮。
発言にもありましたけど、この人意外とルール守ってますよね(笑)

柳原可奈子、若くしてうれちゃったからあれだけど、それなりのストレス抱えていそうですね。
ちょっと今日はそれがでちゃった感じ。

一般男性のmisonoの印象、本当に前より良くなっているんでしょうか?

私はこの中ならmisonoが一番嫌です・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。