映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感想
 映画版はあまり良くないと聞いていたんですが、なかなか良かったと思いますよ。時間的な制約があるために、どうしてもカットしなければならなかったシーンや、設定を原作と変えなくてはならないシーンもありましたが、十分楽しめました^^
原作の見所ダイジェストといったところでしょうか。パリの名所もいろいろ出来てきますし。私もまたルーブル美術館行きたくなりました。

ただ、ストーリーや背景をまったく知らないと、いろいろ急展開で進むので、原作読んでからのほうが楽しめるかもしれません。

原作の方が、宗教的や美術、建築、世界史的な背景をもっと詳しく描いてますので、この作品を契機に、こういった様々な世界観に興味、関心を持つこともできますしね^^

70点

内容
 ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/78-578a747d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「ダ・ヴィンチ・コード」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ジャン・レノ、ポール・ベタニー、アルフレッド・モリーナ、他 *監督:ロン・ハワード 感想・評価・批評 等、レビューを含む
2006/05/22(月) 02:39:45 | 映画レビュー トラックバックセンター
管理人の承認後に表示されます
2014/01/28(火) 06:10:50 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。