映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内容
 1992年ボスニア。セルビア人鉄道員ルカの平穏な生活も、紛争ぼっ発で一変。兵役に取られた息子が敵国の捕虜になる。そんなルカのもとに、息子との捕虜交換要員として捕らえられた敵国の女性サバーハがやってきた。二人には愛が芽生えていくが、息子とサバーハどちらを取るか、ルカは選択を迫られる・・

感想
とにかく長いです(笑)
前半のドタバタはあんなに長い必要があるんでしょうか・・・
戦時下、素朴で明るく暮らしている人々の日常を描いているんでしょうが。肝心のメインストーリーは後半バタバタと一気に進みます。
2人が惹かれあい、愛し合っているシーンは微笑ましくて良かったですが。
同じ音楽が何度も流れるんですが、耳に残ります・・・
ちょっと期待して見た分、ガッカリしただけかもしれません;;

50点
 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/68-7b26d1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。