映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
史記 武帝紀 3巻を読みました。
北方謙三さんの歴史物が好きで、絶海にあらず、破軍の星、三国志、楊家将、血涙 新楊家将、水滸伝、楊令伝を読んでます。
とくに水滸伝およびその関連作品が好きで、その作品の中に流れる、”志(こころざし)”という概念にしびれています。

史記 武帝紀も中国物なのですが、他の作品とはまたちょっと違う味わいがありますし、いままでの史記とも違います。

あくまで帝である武帝の望むことを実行する立場として、大将軍まで出世する衛青が主人公なわけですが、その試される過程、匈奴を追いやる過程、そして甥を抜擢しながらも、不幸を迎える胸中、まだまだ波乱万丈の展開がまっていそうです。

史記武帝紀3巻あらす
匈奴から河南を奪還した漢軍は、さらに霍去病の猛攻で匈奴に大打撃を与える。漢飛将軍と称えられながら、悲運に抗えきれぬ李広。英傑去りしとき、新たな武才が現れる−。中国史上最大の史書を壮大なスケールで描く。

北方 謙三 (著) 角川春樹事務所


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/546-9c065d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。