映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M-1グランプリ2008決勝戦、今年ももうそんな季節になったんですね。
去年のサンドイッチマンからもう1年たったとは。

さて感想ですが順番にコメント。

ダイアン まあ可もなく不可もなく、トップバッターとして無難にこなした感じ。

笑い飯 島田紳助さんいつも強く推してますが、なんかもうちょっと古い感じ。

モンスターエンジン 結構期待していたので、ちょっとガッカリ。彼らのコントとかシュールで面白いのに、漫才はもう1歩か。 来年M-1仕様のネタを期待しています。

ナイツ いつものナイツ。安定感はある。

U字工事 彼らも悔いはないのでは、栃木芸人として、全国ネットに足跡をのこせて、栃木TVの宣伝もできて、大満足では。

ザ・パンチ レッドカーペットとか観客も審査員もゆるい番組で甘やかされすぎたのがよくわかる。最初のちゃっちゃちゃーすでどかんと笑いが起きる環境でやってきた報いを受けた感じ。

NON STYLE 大阪のノリなのでしょう。テンポとか。東京の私からすると、ちょっとウルサくしつこい感じがしました。

キングコング 事前にいろいろ言っていた割には、このネタかーという感じ。やっぱり時の流れは残酷ですね。笑い飯同様、一時代前の漫才の香り。

敗者復活 オードリー レッドカーペットとかいつも若い女性にターゲットをしぼった雰囲気だったが、今日はがんばりました。おもしろかったです。


上位3組の優勝決定戦

ナイツ 最初のネタよりちょっと落ちた感じ。旬の今年に取れなければ、もうM-1王者は無いでしょう。それほど伸びしろがあるタイプにも見えませんし。まあたんたんと面白いんですけどねえ。

NON STYLE 確かに3組のなかで一番会場で笑いが起きてましたね。他2組がベストの力を出せなかったなか、ベストが出た感じ。でも大竹まことさんがオードリーに入れていたように、東京からみると、ちょっとノリが違うのかなーという感想。
でもおめでとうございます。

オードリー 敗者復活、決勝の点数と1位で来て、流れは来ていたのに、このネタかよ!と突っ込みたくなる内容。春日君の走るペースにファンも観客もついてこれなかったですねえ・・・
ああいうネタはこういうことになりがちなので、この前のネタのように普通のネタをやれば優勝できたと思います。上沼さんと紳助さんはNO STYLEに入れたでしょうが、他の審査員はオードリーを好意的に見てましたし。
それだけに残念。こういう運を逃すと、あとあと響きそうな感じ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/481-2ae8f99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
昨年のM-1グランプリは敗者復活から見事優勝という快挙を成し遂げたサンドウィッチマンでした。それまで無名だった彼らの人生は一変し様々なところで活躍するようになったのはみなさ...
2008/12/21(日) 22:55:34 | あしたまにあーな
気分はもう短編集#26公開。 題「古本紀行」 http://ncode.syosetu.com/n0902e/ 簡単なあらすじ:職を失った男が読書にのめり込むという話。 今年もM-1...
2008/12/22(月) 09:09:21 | うがいしてますか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。