映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 ディパーテッド をDVDで見ました。

ディカプリオ確かに消耗していく様子が伝わってくる迫力のある演技でした。
マット・デイモンは安定感があるので安心して見ていられましたし。

オリジナルのほうの映画インファナル・アフェアほど中身はないものの、通常のサスペンス映画としてまずまずの出来だと思います。

ネタばれを含む感想は、続きを読む以降に書きます。

35点

あらすじ
 犯罪者の一族に生まれたビリー(レオナルド・ディカプリオ)は、自らの生い立ちと決別するため警察官を志し、優秀な成績で警察学校を卒業。しかし、警察に入るなり、彼はマフィアへの潜入捜査を命じられる。一方、マフィアのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)にかわいがられて育ったコリン(マット・デイモン)は、内通者となるためコステロの指示で警察官になる

ディパーテッド (期間限定版)
ディパーテッド (期間限定版)
レオナルド・ディカプリオ マーティン・スコセッシ マット・デイモン

関連商品
007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション (初回生産限定版)(2枚組)
硫黄島からの手紙 期間限定版
父親たちの星条旗 期間限定版
ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)
武士の一分
by G-Tools

・・・・・以下ネタばれを含む感想・・・・


しかし最後、ちょっとドタばた展開しましたよね。
2人がお互いの存在に気づいてからもう少し駆引きや、追い詰められていく姿を引っ張ってもよかったと思いますが、あそこまでですでにかなり長い時間がたっているので、仕方ないところでしょうか。

FBIがらみでも、もうちょっと大きな展開に膨らむかと思いましたが、そちらもあまり膨らまず。

女医さんがもう少し最後役割あるかなーと思ったら、あのまま出てきませんでしたね。

長い時間飽きずには見れたので、見たことを後悔するほどひどい映画ではありませんでした^^


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/389-20336e10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/08/08(水) 23:24:27 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。