映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 の感想

DVD版、音について評判悪いようですが、私自身は久々に見たこともあり、それほどは気になりませんでした。
確かに、「あれ、こんなだったかなー」ぐらいには感じましたが(笑)

ララァとの出会い、そしてシャアとの対決と、テンポ良く進みます。
やはり子供の頃見たララァの記憶と、自分が大人になってから見た印象は随分違います。当時はアムロがララァの何に魅かれたのかよくわからなかったんですよね、わけわからないキャラに見えて。

しかし子供の頃漠然とかっこいいと思っていたシャアがどれだけ渋いか、そしてブライト艦長が時折みせる感情的なしぐさ・セリフとか、今見ると良くわかります(笑)

アニメ史に残る名作だというのがよくわかります。

あらすじ
 再び宇宙へ旅立ったホワイトベース。中立コロニー・サイド6でアムロは、精神に変調をきたした父と、宿敵シャア、そしてララァに出会う。一方、地球での勝利に勢いづいた連邦は、ジオンの拠点ソロモンをも落とし、一気に決戦へもち込もうとしていた。

機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】
機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】
矢立肇 富野由悠季 古谷徹

関連商品
機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】
機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
機動戦士ZガンダムII -恋人たち-
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/357-d2b5fccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。