映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画どろろ」の感想
手塚治虫さんの漫画を実写映画化したアクション時代劇です。
妻夫木君と柴崎コウさんの演技も悪くなく、頑張ってます。
ですが・・・

見終わった後にあまり爽快感が無いのはなぜなのでしょうか?
無駄なワイヤーアクションが多いせいでしょうか?
時折CGが安っぽいからでしょうか?

かといってB級作品の良さ(マニアックさ)のようなものも無いので、そういう別の楽しみもないですし。

ちなみに、妻夫木君はこの映画でかっこよさを十分に発揮しています。
彼のファンにとって、プロモーションビデオのような位置づけであれば、いい作品なのかもしれません・・・

原作がいい作品はつい期待して見てしまうので、採点が辛くなるのかもしれません。

残念 15点

あらすじ 
 戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を得るため、自分の子である百鬼丸(妻夫木聡)の体から48か所を魔物に差し出してしまう。やがて体の一部を取り戻せることを知った百鬼丸は、魔物退治の旅に出る。一方、コソ泥のどろろ(柴咲コウ)は百鬼丸の強さの象徴である妖刀を奪うため、彼を追いかけ始める。

どろろ Complete BOX
どろろ Complete BOX
手塚治虫

関連商品
悟空の大冒険 Complete BOX
バンパイヤ Complete BOX
ワンダースリー Complete BOX
リボンの騎士 Complete BOX
千夜一夜物語/クレオパトラ/哀しみのベラドンナ
by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
こんばんはTBお邪魔します
柴咲コウは、まさにぴったしでしたね。
魔物の造りこみが、かなり甘かったですね。20億円という巨費は、ニュージーランドロケより、魔物の制作費に回して欲しかったです。
2007/02/12(月) 21:30 | URL | ケント #neBEUUqk[ 編集]
>ケントさん
こめんと&TBありがとうございます^^
そうですよね、やはり雄大な景色は良かったですが、魔物、ちゃちかったですよね・・・
2007/02/15(木) 00:08 | URL | Junpei_管理人 #99DFA69w[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/330-9fedcc6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ツマブキ聡は、1980年12月13日生れの射手座、分県出身・・・柴咲コウは、1981年8月5日生まれの・・・
2007/02/08(木) 01:23:14 | ツマブキ 聡
映画「どろろ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、原田美枝子、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、他 *監督:塩田明彦 *原作:手塚治虫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログから
2007/02/08(木) 05:46:23 | 映画レビュー トラックバックセンター
ツマブキ聡&柴咲コウの話題映画【どろろ】・「どろろ」本編ダイジェスト どろろは時代劇で妖怪物、というかなり特殊なジャンルとして発表され、アニメ化に伴う掲載誌の変更、ヒーローキャラである百鬼丸をうたったタイトル変更、なによりも全身に欠損を持つ超能力者と盗賊
2007/02/10(土) 02:22:09 | ツマブキ聡
『どろろ』(2007年)■製作年:2007年 ■配 給:東宝■監 督:塩田明彦 ■原 作:手塚治虫 ■出 演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中井貴一このところ日本映画は過去のアニメ作品を題材にした実写映画化がブームのようです。「デビルマン」「鉄人28号
2007/02/12(月) 16:15:39 | 飾釦
★★★  なぜ今『どろろ』なんだろう。手塚治虫の原作といえ、もう40年前の少年マンガである。一体誰が観るのだろうか。そう考えながらも、結局何んとなく気になって観てしまった。 ロケ地は、あのロード・オブ・ザ・リングでお馴染みのニュージーランド。出演者の衣装
2007/02/12(月) 21:30:24 | ケントのたそがれ劇場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。