映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイシールド21 23巻の感想

いよいよ神龍寺ナーガ戦が決着します。

神龍寺に入れなかった栗田のパワーが炸裂し、努力しない天才の予測を、蛭魔の努力が突き破ります!
この作品、開始当初は主人公セナがチームの危機を救う展開ばかりでしたが、最近は、前巻はモン太でしたし、今回は栗田と蛭魔が主役ですし、徐々にまわりのメンバーにスポットライトが当たる機会が増えてます。
次巻以降は、ついに「最大のライバル進に立ち向かう主人公セナ」という展開になると思いますが、この戦いがラストですかね?

アメフト漫画で今読んでいるのはアイシールド21だけなので、最後の試合、頑張って盛り上げて欲しいです^^

あらすじ
 モン太の奇跡のプレーによって、死の淵から甦った泥門!! 最大最後のプレーに賭けるセナ達に司令塔・ヒル魔からド肝を抜く指示が!? 「観客を使う」という作戦の真の狙いとは!? 神龍寺戦ついに決着!!

アイシールド21 23 (23)
アイシールド21 23 (23)
稲垣 理一郎 村田 雄介

関連商品
アイシールド21 22 (22)
BLEACH 26 (26)
アイシールド21 (21)
D.Gray-man Vol.10 (10)
To LOVEる-とらぶる 2 (2)
by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/327-257b61a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。