映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
刑事が一匹 7巻の感想

きたがわ翔さんの作品としては珍しいタイプの社会派な刑事漫画です。
7巻では彼が刑事として様々な事件に接した結果というか、終着駅のようなものが最後に示され、完結します。

もう少し続いて欲しかったとも思いますが、終わり方としてはすっきりしており、納得のいくエンディングとなっています^^

この作品全体を通じての感想としては、中盤あたりの裏金のエピソードとかがなまなましい感じで、主人公の怒りが迫力のある絵から伝わってきました。
全編通じて主人公高円寺のまっすぐな正義感が熱い作品です^^

刑事が一匹 7巻あらすじ
デカとして生きる男、高円寺大樹。彼の最大の決断!!
日本最大のタブー“警察”を描いた衝撃作ついに完結!

刑事が一匹… 7 赤い記憶編 (7)
刑事が一匹… 7 赤い記憶編 (7)
きたがわ 翔

関連商品
刑事が一匹… 6 裏金を生む英雄編 上の巻 (6)
刑事が一匹… 5 裏金を生む英雄編 上の巻 (5)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
クロサギ 12 (12)
刑事が一匹… 4 牙の女王 結の巻 (4)
by G-Tools
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/311-123a0308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。