映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤングマガジンで連載中の わにとかげぎす 2巻 の感想  

以前別の古谷さんの作品で見たことがあるような展開で、やばい人のトラブルに巻き込まれてしまいましたね・・・

今回の作品は、地味な主人公富岡が孤独から抜け出すところに主眼を置いて派手な事件は起こらないと思っていたのですが・・・

個性的な周囲の人々との日常だけで十分面白くなりそうだったので、ちょっと残念です。私は古谷流ツルモク独身寮みたいなまったりさを期待していたので^^

2巻では花林と雨川のコンビが痛い女にのせられてヤクザがらみの出来事に巻き込まれます。

主人公富岡は2人が帰ってこないことを心配し、羽田さんと一緒に2人を探しに行くと、上原という別のやばい男とトラブっている2人を発見。

 この後もこういう類のドタバタが続きそうですね・・・
 
あらすじ
 32歳 警備員 友達なし……没な人生にお別れを!
可笑しく哀しい未完の小器!
深夜、巨大スーパーマーケットに棲息する1人の警備員男。ずっと、うつむいたままで生きてきた。気がつけば、独身、恋人はもちろん友達もいない。孤独は罪だと反省し、1人、星に願いをかける……。友達をください……友達!

著 古谷実  講談社

わにとかげぎす 2 (2)
わにとかげぎす 2 (2)
古谷 実

関連商品
わにとかげぎす 1 (1)
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
20世紀少年 22―本格科学冒険漫画 (22)
GANTZ 20 (20)
ホムンクルス 7 (7)
by G-Tools


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/298-5754db4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「わにとかげぎす」古谷 実 正直、絵柄が苦手なんだけど、「いいから読め」とすすめられて、(すすめられると弱い)読んだ。へえ~。変わってる漫画だった。意味不明なタイトルは魚類の分類の一つらしい。深夜勤務の警備員の話。困難や面倒から、
2007/01/11(木) 15:04:49 | 月灯りの舞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。