映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あずみ 40巻の感想

40巻では西国編が完結します。
武信の父である領主武宗が切腹することにより改易を免れます。

武信はあずみに一緒に残って欲しいとプロポーズするものの、
あずみ
「戦を事前に止める”枝打ち”を誰かが行うことによって泰平が続くなら・・・
それを誰かがやるべきなら」
と育ての親である爺の意志を守る事を決意し武信のもとを離れます。

今回の名場面は、やはり領主武宗の決断でしょうか。
天海には天海の世の泰平を守るための”体制側”のロジックがあり、
武宗はそれがわかっているからこそ、国と息子を守るために、自分1人が切腹する道を選ぶ姿に比べると、
武信のプロポーズに揺れるものの断るあずみの決意が、あまり重いものに見えなくなってしまいました・・・

あらすじ
将軍・秀忠の次男、国千代救出のため、西国に乗り込んだあずみ。そこでは”反・天海”を標榜し、国千代救出を阻止せんとする、京極貞麻呂率いる邪教徒たちが暗躍していた。あずみは、国千代誘拐の首謀者・武信と共闘し、籠城戦で京極一派を迎え撃つ!
だが、熾烈極める戦いの中、多くの罪無き人々が命を落としていく。・・・
”最果ての決殺編”決着!

著 小山ゆう 小学館

ーブックオフ 中古本 あずみ


あずみ 40 (40)
あずみ 40 (40)
小山 ゆう

関連商品
PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
あずみ (39)
あずみ (38)
20世紀少年 22―本格科学冒険漫画 (22)
GANTZ 20 (20)
by G-Tools


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/295-a3164588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。