映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊サンデーGENE-Xで連載中のBLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)の感想

主人公の岡島が旭日重工からとかげの尻尾切りのように見捨てられるところから怒涛の展開でストーリーが展開しますが、平凡な商社マンと裏社会の組織とのギャップが面白い描かれていて結構新鮮です。

二挺拳銃の異名を持つレヴィやロシアンマフィアのタイ支部を任されているバラライカ、キューバで暗殺訓練を受けたことのあるメイドのロベルタ、等強くて怖い個性的な女性キャラの登場も本作の特徴です^^

戦闘シーンがそれなりにあるので、このジャンルの漫画が嫌いじゃなければ、オススメの漫画です^^

あらすじ 
 裏社会の運び屋「ブラック・ラグーン」。平凡なサラリーマンだった岡島緑郎が、思いがけずそのメンバーになって繰り広げる、ハードボイルド・アクション・コミック。

広江 礼威 著 小学館

ブラック・ラグーン 6 (6)
ブラック・ラグーン 6 (6)
広江 礼威

関連商品
ブラック・ラグーン 5 (5)
ブラック・ラグーン 3 (3)
ブラック・ラグーン 4 (4)
ブラック・ラグーン 2 (2)
ブラック・ラグーン 1 (1)
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/285-6c59cad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今回の紹介は『ブラック・ラグ-ン(作:広江礼威)』!! 粋なアメリカンジョ-クが冴える、煙草が吸いたくなるマンガです!! 主人公、岡島緑郎がラグ-ンのメンバ-に拉致される処から物語は始まります。 彼を人質に、彼の勤務する会社の旭日重工が秘密裏に進めている
2006/12/24(日) 21:25:51 | マンガ・雑貨のお店屋さん
管理人の承認後に表示されます
2009/01/05(月) 08:51:04 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。