映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊少年サンデーで連載中の金色のガッシュ!!  27巻の感想

27巻ではついに清麿が復活
動きを予測・予知するのではなく、
「どうすればよけられるか?」
「どうすれば攻撃を当てられるか」
その答えを瞬時に出せる”答えを出す者(アンサー・トーカー)
として活躍します。

ゼオンがガッシュの双子の兄弟と名乗り、バオウの「恐ろしい力」も判明。
ここ最近いろいろひっぱってきましたが、27巻で結構展開が進みます。

一時期ちょっとダレてきてたので、意識的にテンポアップしたのかもしれませんね^^

あらすじ
 人間界を舞台に千年に一度行われる、次の魔界の王を決める戦い。魔物の"力"を引き出す"本"を与えられた人間と魔物の子がコンビを組んで、生き残りをかけて戦うのがルールだ。
 その王候補の1人として、無気力だった中学生・高嶺清麿の元にやってきたガッシュ。生き残りをかけて現れるライバルたちとの戦いの中で、ガッシュは「やさしい王様になる」と決意する。そして、次第に激化する戦いの中、2人は仲間と共に絆を深め成長してゆき…

著:雷句誠  小学館

イーブックオフ 中古本 金色のガッシュ


金色のガッシュ!! 27 (27)
金色のガッシュ!! 27 (27)
雷句 誠

関連商品
金色のガッシュ!! (26)
絶対可憐チルドレン 7 (7)
ONE PIECE 巻44 (44)
鋼の錬金術師 15 (15)
金色のガッシュ!! (25)
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/278-373226ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。