映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウルトラジャンプで連載中の皇国の守護者 感想

原作の小説をまだ読んでいないので、先入観なく読みましたが、迫力のある戦記物でグイグイひきつけられ、1巻~4巻まで一気に読みました。
しびれされせてくれる作品です(笑)

主人公 新城直衛の屈折した人格は、この種の戦記物の主人公としては異端であり、それだけに新鮮です。
ただ部下からの信頼は厚く、それだけのカリスマも備えており、難しい人物設定を上手く描いています。

この先の展開が待ち遠しくて仕方ないので、小説版にも手を出すことになりそうです^^

あらすじ
 長らく太平を謳歌していた島国<皇国>、その最北端・北領に突如、超大国<帝国>の艦隊が押し寄せる。<帝国>が誇る戦姫・ユーリアの指揮する精鋭部隊の前に、為す術なく潰走する<皇国>軍。剣牙虎の千早とともに、圧倒的軍勢に立ち向かう兵站将校・新城直衛中尉は、蹂躙されゆく祖国を救えるのか…!? 佐藤大輔・原作の同名小説を、俊英・伊藤悠が苛烈に描く戦記浪漫!

著:佐藤大輔 伊藤悠 集英社

イーブックオフ 中古本 皇国の守護者


皇国の守護者 4 (4)
皇国の守護者 4 (4)
佐藤 大輔 伊藤 悠

関連商品
皇国の守護者 3 (3)
皇国の守護者 2 (2)
ブラック・ラグーン 6 (6)
皇国の守護者 1 (1)
鋼の錬金術師 15 (15)
by G-Tools

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/266-d6be0f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。