映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モーニングで隔週連載中のへうげもの
今週の週刊現代 発表!06年「このコミックが面白い」BEST10で1位になった作品です。

このマンガがすごい! 2007オトコ版でも3位になっているようです。




確かに戦国時代を舞台にしたマンガとしては斬新です。
出世ではなく、趣味に生きる主人公を中心としたストーリーが新しく、随所に歴史的なイベントとからめながら、茶器等の名物にスポットライトがあたっています。

主人公古田左介が物欲にかられ身悶える様、侘びさびの良さに目覚めていく様子、戦国の世において他の武将とは別の視点で動く彼の悲喜交々が、特徴のある絵で描かれてします。

面白い作品ではありますが、年間1位、と言われるとさすがに褒めすぎな気がしますが如何でしょう?(笑)

あらすじ
 群雄割拠、下剋上の戦国時代。立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。実力で乱世を鎮め、天下統一を達成しようとする織田信長の家臣・古田左介(織部)である。希代の天才・信長に世界性を、茶の湯の革新者・千宗易(利休)には深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。生か死か。武か数奇か。それが問題だ!!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/261-7573524e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「へうげもの」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *匁作者:山田芳裕 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(
2006/12/12(火) 12:32:51 | コミックレビュー トラックバックセンター
へうげもの 5 モーニングKC 山田 芳裕  税込価格 : 540 (本体 : 514)  出版 : 講談社 実在の戦国武将「古田織部」を山田芳裕が画くとこうなる!と言う作品。 クセの強い作品です。 好き嫌いが別れる作家なので。 戦国時代が舞台ですけど、話は茶の湯。 人...
2007/09/10(月) 15:28:40 | マンガの本質
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。