映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊少年ジャンプで連載中のBLEACH ブリーチ 25巻の感想

 25巻では仮面の軍勢の元へ向かった一護が、自身の中の虚を克服するため、内在闘争と呼ばれる戦いに挑みます。

 内在闘争は今までの特訓でもあったように、自分の中の敵と戦うパターンなのですが、一護が卍解を使えるようになったのと同時に相手もなっているため苦戦。

 内なる本能、闘争心に目覚め新たな力を・・・
という展開なのですが、さすがにちょっとワンパターンな気も(笑)

 そしてこの訓練方法は、一度完全に虚化するため、仮面の軍勢の面々が交代で暴れる一護を押さえにかかります。
 
 仮面の軍勢は、個々のキャラがまだ個性を持ったキャラとして描かれていないので、ワラワラと出てきて、ドタバタと戦っている、という印象だけが残ってしまいました・・・

 24巻の感想にも書いたのですが、この作品の本来の魅力(個性を生かした戦い方同士の戦闘、それぞれが戦う理由となっている信念)を早く取り戻してほしいと願ってます。
 そしてできれば、朽木白哉や更木剣八、夜一さんあたりにまだまだ活躍してもらいたいです^^

あらすじ
 ソウルソサイエティから現世に帰還した一護は、再び虚退治に奔走。一方、藍染率いる破面の襲来に備え、ソウルソサイエティは現世にルキア達援軍を投入。だがその直後、グリムジョーの襲撃に敗北した一護。無力感と共に内なる虚の存在に苦しむ一護は、ついに平子達”仮面の軍勢”の元へ・・・!

久保 帯人 (著)  集英社

イーブックオフ 中古本 BLEACH


コメント
この記事へのコメント
色付きの文字v-218おもろそう
2006/12/09(土) 19:40 | URL | モアイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/248-afedff9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/10/21(日) 20:53:22 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。