映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当初は週刊少年ジャンプで連載していたが、他の集英社の雑誌に移って連載が続いてるBASTARD

ダーク・シュナイダーの登場から、四天王との戦闘までは非常に面白かったんですが、四大熾天使の登場あたりから、絵の精密さと戦いの規模の大きさばかりが目立つようになってしまいましたよね。

序盤登場した忍者マスターガラ、アーシェス・ネイ、鬼道三人衆や12魔戦将軍、侍編あたりまでは、登場人物の個性もはっきりしていましたし、少しずつ仲間が増え、謎もクリアになっていくストーリー展開に加えて、主人公とのからみでちょっとした笑いもあったりして面白かっただけに、最近の様子はちょっと残念です。

あらすじ
 法も秩序もなく、魔力が支配する時代――王国メタ=リカーナは、邪悪なる魔法使いたちの攻撃を受けていた。壊滅の危機が迫ったとき、大神官の娘・ヨーコは、封印されていた魔人を呼び覚ます。その名はダーク・シュナイダー。伝説の魔人の新たなる闘いが始まった!!

イーブックオフ 中古本 バスタード1巻~20巻セット 2995円


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/227-178cc024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。