映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
棚を整理していたら、むかーし読んだ「話を聞かない男、地図を読めない女」が出てきた。今読み返しても結構おもしろい。

もちろん性別だけで人間の個性が決められるわけではないけど、このの中の男女の違いに関して、身に覚えがあることが多い。

「男は解決策を出したがる」というテーマの中で

「女性が悩みについて話すのは、ストレス軽減策にすぎない。聞いてもらいたいだけで、解消して欲しいとは思っていない。」
「男が話をしょっちゅうさえぎって解決策を提示するがろくなことにならない。」
という内容があるのだが、
女性に相談されてるときに、問題解決を期待されてるのか、ただ聞いて欲しいだけか、見分けるのは非常に難しい。
後者の話を聞いて欲しいだけ の時は当然人も、どう解決すればいいのか、あるいはどうしようもないのか、頭ではわかってることが多い。ただ話をすることで心を落ち着かせ、気晴らしをするという目的で話してる場合、 こちらが何を言おうと、「そんなことわかってるわよ!」
か、「女性の人間関係はあなたにはわからないのよ!」 となる。

昔は10回中、10回余計なアドバイスしていたが、 最近は10回中5回ぐらいは、ああ、これは聞いて欲しいだけかもなー と思い、何か言いたくとも我慢し、聞き上手に徹することができるようにはなってきたと思っているが、はたして・・・

あらすじ
「男と女の謎」を解き明かし、日で200万部、全世界で600万部、42カ国でNo.1となった超ベストセラー待望の文庫化。最新データが入った改訂増補版。

目次
第1章 同じ種なのにここまでちがう?―偉大なる進化の過程
第2章 そうだったのか!
第3章 すべては頭のなかに―これは事実?それともフィクション?
第4章 話すこと、聞くこと
第5章 空間能力―地図と縦列駐車
第6章 思考、態度、感情―災害の発生しやすいところ
第7章 不思議な化学変化
第8章 男は男、でも…
第9章 男と女とセックスと
第10章 結婚、愛、ロマンス
第11章 新しい未来へ

コメント
この記事へのコメント
懐かしい本~
私も読みました。今読んでも内容が遅れてるとか無いですよね確かに。

しかも著者がアメリカ人ですよね?なのに日本人の私でも「ああ、そうだなぁ」と思ってしまったという事は全国共通なのかもしれませんね。

お邪魔しました。
2006/12/02(土) 16:51 | URL | gigababa #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>gigababaさん

こんにちは。確かに懐かしい1冊です^^
おっしゃるように、男女のすれ違いというのは、世界共通なのでしょうね。

またいらしてください^^
2006/12/02(土) 21:05 | URL | 管理人 #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/198-7a7ea557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/10/13(土) 20:23:27 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。