映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月刊少年ジャンプ連載の冒険王ビィト 12巻の感想

この漫画ダイの冒険の作者コンビの作品なのですが、この12巻の逃げ出したキッスが仲間のために勇気をふりしぼり戻ってくるシーン見覚えありませんか?(笑)
そう、ダイの冒険のポップです。
あまりにそのまんまの展開にビックリです(笑) 

天空王バロンの強さに一旦は逃げ出したキッスが仲間のピンチに登場するところで12巻は終了。

翼の騎士の正体はやっぱり"あの人”なのでしょうかね。今までの伏線からすると他に心当たりもないので、きっと彼なんでしょうけども・・・

13巻以降ではそのあたりも見えてくるのでしょうか。

ダイの冒険もそうでしたが、この作品も正統派ジャンプ作品ですよね。友情・正義・勇気がにじみでている作品です。
ある種少年時代は変にひねた作品ではなく、こういう正統派を読んで育ったほうが、素直ないい子に育つ気がするのですが、気のせいでしょうか?(笑)

あらすじ
ビィトたちの死闘に凶刃乱入! 八輝星到達へ動きだしたヒスタリオ。だが、突然変貌したバロンにより打ち砕かれる! 
赤い月夜に見せるバロンの力とは!? 三条 陸+稲田浩司が送る新世代の大冒険、第12巻!!

イーブックオフ 中古本 冒険王ビィト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/181-ca165d7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。