映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビックコミックで連載中の築地魚河岸三代目の19巻感想

この19巻では マス、ハマグリ、キビナゴ、タチウオなどをとりあげてますが、
この作品で出てくる魚介類の知識は今まで知らなかった事が多いので、
毎回勉強になります^^

刺身の美味しい料理屋で食べる時等、
ああ、これかーとこの本で出ていることを思い出します。

ストーリー自体は下町人情物です。
主人公の魚辰の三代目は、今では良き理解者に囲まれ、持ち前の明るさでのびのび活躍し、
毎回どこか心温まるストーリーがちょこっと出てきます。

場外のお店などもたびたび登場し、美味しそうな料理が登場するので、
この作品読むと、築地に食べに行きたくなります^^

あらすじ
 元・銀行マンの赤木旬太郎は妻の実家の築地の仲卸の名店『魚辰』の三代目を継ぐことになったが、そこは素人。旬太郎の悪戦苦闘が始まった。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/172-42b3571f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
築地魚河岸三代目 16posted with 簡単リンクくん at 2006.10.30はしもと みつお画小学館 (2006.2)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る新橋から、汐留を抜けて国立がんセンターの前を通りぬけると左角に古い年季の入った建物がみえ ...
2006/10/30(月) 01:08:06 | mikapapaの 「こんな本を読んだ」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。