映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊ヤングマガジンで連載中のセンゴク10巻の感想

魚鱗の陣から鶴翼の陣へと変幻自在の武田軍。
徳川家康は気合で切り抜け、その撤退に体を張るセンゴク
この作品の特徴である"戦"の迫力のある描写は10巻でも健在です^^

武将にスポットを当てている歴史物と違い、一兵卒の視点で戦を描いているので、なんというか目線がより"現場”に近い感覚で新鮮です。

センゴクは先駆けとして成長しましたよね。
味方に勇気を与える役割を十二分に果たしています。

10巻の最後では、あの有名な徳川家康の絵のエピソードで終わります。
自分の失敗にちゃんと向き合い、それをバネにする典型的なエピソードですよね^^

あらすじ
 すべての常識を覆す超リアル戦国合戦譚!!“三方ヶ原の合戦”編 完全決着!!
武田法性院信玄の芸術が如き織田徳川家侵攻作戦。ついに家康は城を出て戦うことを決意し出陣する。脇には援軍としてセンゴクが参陣する佐久間信盛隊が付き添う。相対するは山県昌景、馬場信春、高坂弾正など綺羅星の如き武田最強軍団。センゴクははたして武田軍といかにして戦うのか。そして生き残れるのか!!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/170-16039bdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。