映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同時発売となったチェーザレ破壊の創造者 1巻と2巻の感想

ヨーロッパを舞台とした壮大な歴史物。

1巻は貴族の師弟達の様子を通じて、当時の時代背景を説明。
2巻ではいよいよレオナルド・ダ・ビンチも登場。
歴史上の天才達が登場し、刺激しあいます。

高校の頃世界史で習った遠い記憶を手繰り寄せながら読んでいますが、
西洋史を軽く知っておくと、よりこの作品の面白さがわかるかもしれません。

週刊モーニングでの連載も単行本発売にあわせて再開するようですし、
これからも目が離せません^^

1巻あらすじ
新説チェーザレ・ボルジア伝
本邦未訳『サチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝』(イタリア語原書)を精査し惣領冬美が描く、華麗なるルネッサンス絵巻。
歴史の闇に葬られた人類史上、最も美しき英雄、チェーザレ・ボルジアの真実が甦る。新鋭ダンテ学者・原基晶が監修。世界的に最も定評のあるサチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝のイタリア語原書を翻訳し、精査を重ね生まれた全く新しい物語。

2巻あらすじ
チェーザレ・ボルジア、レオナルド・ダ・ヴィンチ、クリストファー・コロンブス、ジョヴァンニ・デ・メディチ
4人の天才達 運命の交錯。 華麗なるルネッサンス絵巻。

歴史の闇に葬られた人類史上、最も美しき英雄、チェーザレ・ボルジアの真実が甦る。新鋭ダンテ学者・原基晶が監修。世界的に最も定評のあるサチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝のイタリア語原書を翻訳し、精査を重ね生まれた全く新しい物語。

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

こちらの本の感想を書きましたので
トラックバックさせていただきました。

ダークなイメージのチェーザレですが、
優秀な政治家としての一面を楽しみにしています。

また遊びに来ますね。
よろしくお願いいたします。
2006/10/26(木) 22:56 | URL | おむすび #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
>おむすびさん
こんばんは。
コメント&トラックバックありがとうございます。

そちらにもお伺いしますね^^
こちらこそよろしくお願いします。
2006/10/26(木) 23:31 | URL | Junpei #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/161-320b59fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
おおおおおおおおおお!!本屋で絶叫しそうになりました。私の知らないうちにこんなマンガが出ているとは。チェーザレ破壊の創造者 1 (1) (コミック) 惣領 冬実 (著) 実は私、チェーザレおたくです。もともとは、塩野七生の「チェーザレ・ボル...
2006/10/26(木) 22:44:25 | 働く女性の読書日記
4月23日(月)待ちに待った惣領冬実先生が描く華麗なルネッサンス絵巻チェーザレ破壊の創造者 第3巻【AA】が発売された。チェーザレというのはイタリアのルネッサンス期に類い希なる政治力と戦略眼によりイタリア統一に尽力した人物で君主論【AA】の著作で知られる謀略
2007/04/25(水) 01:16:42 | ブクロBlog(池袋ブログ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。