映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バガボンド―原作吉川英治「宮本武蔵」より  24巻感想
武蔵と小次郎が再度遭遇しましたね。2人の本格的な対戦はまだ先ですが、24巻では吉岡との対戦を控えた武蔵が、偶然同じ家に泊まっている小次郎と遭遇し、向かいあうシーンがあります。武蔵が小次郎の剣筋を見て、自分に無い(失ってしまった)ものを感じるところがメインです。
 
 刀砥ぎの光悦さんは、この贅沢な2人のからみに息が止まるほど見惚れてしまいます。
この2人のレベルと比べると、巻末にでてくる吉岡とは可哀想なぐらい離れていますよね・・・

 あいかわらずこの作品の絵の迫力は満点!
人物が自分の弱さと向き合う等の内面も毎回ちゃんと描かれていますよね。それが作品の奥深さにつながっているのでしょう。
小次郎だけは、まだ内面が良くわかりませんが^^

 主役2人の激突はそろそろ近いはずですよね・・・
楽しみでもあり、それで終わってしまうのも残念でもある複雑な心境です(笑)

24巻あらすじ
 武蔵×小次郎!!
 決闘前日。宿命の男は雪の庭にいた。
 遠い記憶。武蔵は、かつて“理”に出会っていた。なぜ失った?どこで遠回りした!?小次郎にある“それ”は、武蔵の内面と、懐かしく響き合う。



イーブックオフでバガボンド中古本を検索
コメント
この記事へのコメント
------------------------------------------------
広末涼子
↓ ↓ ↓ 
http://bigsio.jp/~499

------------------------------------------------
2006/10/23(月) 22:05 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/157-d3fe3e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
テレビゲーム ソフト 攻略法などお得情報 激安情報をお届け♪について
2006/10/23(月) 18:37:57 | テレビゲーム を楽しもう♪
「バガボンド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *匁:井上雄彦 / 原作:吉川英治 *主なキャラクター:宮本武蔵、佐々木小次郎、おつう、沢庵宗彭、伊藤一刀斎、吉岡清十郎、宍戸梅軒 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラッ
2006/10/24(火) 02:11:19 | コミックレビュー トラックバックセンター
武器のカスタムや位置づけにはなかなかユニークな部分があり好感が持てる。多少のホラーの要素が入っていますがバイオハザード程ではありません。 画面も見たところ極端に暗い部分はなく、快適にプレイできると思います。プレイした方の感想としては・PC版でマウス操作に慣
2006/11/11(土) 17:58:52 | プレステ3のソフトリリース情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。