映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週刊少年サンデーに連載中の作品の中で読み続けている数少ない作品の一つではありますが、名作!と言うには何か足りない気がします・・・
それなりに設定も面白いですし、絵も見易いだけに惜しい気がします。

14巻は前半が天狗、後半が邪錬のストーリーですが、後半の弱い心につけこんでくるところも、なんというか描写が中途半端な気がして・・・

最後におまけでついているストーリーの兄が良守を影ながら見守っているエピソードが14巻では一番いいシーンです。

結界師の先祖の謎
・良守の成長
・良守の恋の行方
・兄弟の関係
・良守の母について

あたりが見所として残っていますので、まだまだ先は長そうな雰囲気なので、今後の展開に期待しています^^

あらすじ
 400年続く結界師の家に跡取りとして生まれた良守と時音。妖怪たちがぞくぞくと集まる烏森の地で、妖怪退治とケンカの毎日を送るが…


コメント
この記事へのコメント
おもしろかった
2006/11/28(火) 21:11 | URL | 名無し #-[ 編集]
v-8色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文
2007/01/30(火) 13:26 | URL | 名無し #-[ 編集]
v-271v-186v-27v-228v-20v-1v-17v-93v-141v-222
2007/05/02(水) 19:30 | URL | 名無し #-[ 編集]
 私は結界師がとっても大好きで、いつもビデオをとっています。後私は、結界師になりたいなぁとおもっています。これからもがんばってください
2007/05/24(木) 20:51 | URL | 結界師になりたい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/148-f24b50f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
『結界師』(けっかいし)は田辺イエロウによる少年漫画作品である。「週刊少年サンデー」(小学館)に連載中。2006年10月現在、14巻まで発売中。結界師である主人公が、夜の学校を舞台に「結界術」を使い妖怪を退治していく物語。2006年10月16日より鐔い茲澆Δ螢謄譽喟?遒
2006/10/19(木) 21:27:41 | 気になる言葉
先月登録した記事のタイトルが14巻になっていた事に昨日気づいた。本当は13巻の感想なのに・・・。いやー恥ずかしい。今度こそ14巻の感想です。 まず読み始める前に綺麗な表紙を眺めていました。一本足の下駄を履いているので烏天狗の衣装なんですね。ふわっと浮いている感
2006/10/20(金) 21:09:24 | Rapid-Train(まんがブログ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。