映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が一条ゆかりさんの作品を読む契機となった作品です。

あらすじ
 聖プレジデント学園の生徒会6人組…ご存じ“有閑倶楽部”。アクション担当・悠理と魅録、頭脳担当・野梨子と清四郎、お色気担当・可憐と美童。無敵で過激な面々が巻き起こす、痛快アクション・コメディ

感想
 それぞれのキャラの個性が強くて、楽しめる作品です。
清四郎のプライドが傷つくエピソード(悠理との結婚話)や、海外でのエピソードを特に気に入っています^^

この作品では、恋愛関連はちょっとしかでてきませんが、一条ゆかりさんの最近のほかの作品では、恋愛がメインの作品が多いですよね。「正しい恋愛のススメ」、「天使のツラノカワ」、「恋のめまい 愛の傷」あたりの作品が好きで、印象に残ってます。
女同士の戦いというか、女性って怖いなーと感じるシーンも結構あります。今連載中のプライドなんかもそうですよね・・・

内面が強く逞しく、そしてプライドが高い、という登場人物が一条さんの作品には多い気がしますが、ご本人もそうなのかもしれませんね^^

70点

イーブックオフ 中古本 有閑倶楽部
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/102-9c53a2b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。