映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三国志は元々好きなのですが、この作品は曹操が主人公でとても新鮮でした。劉備玄徳、関 雲長、張飛はイメージどおりですが、この作品での孔明は・・・(笑)

曹操軍のメンバーは、他の三国志で見るよりも魅力的です。特に郭嘉や帳遼はこの作品では非常に輝いています^^

孫家の面々も孫権を除くとイメージどおりです。
周喩はこうでないと^^

モーニングでの連載も終わり、36巻で完結しました。
長いですが、飽きずに読める良作だと思います^^

70点

あらすじ
 “乱世の姦雄”と呼ばれ、中国史上に巨大な悪名を残した英雄・曹操孟徳。だがその破格な生き様は、天に愛された者のみが持つ輝きに満ちている。この物語は、その輝きによって照らし出される新たな「三国志」である。

イーブックオフ 中古本 蒼天航路 <1~30巻セット> 8995円


コメント
この記事へのコメント
はじめまして!

僕も初めて読んだ三国志が吉川英治で
三国志=劉備が主人公みたいなイメージが
あったので、蒼天航路の曹操には圧倒されました。あと関羽にも。

終盤は人類は遥かに超越してましたもんねえ…。
2006/07/20(木) 19:30 | URL | ポリモフ #-[ 編集]
はじめまして
>ポリモフさん
曹操と、関羽、この2人の関係も他の作品とはちょっと違いますしね。
確かに終盤は神がかかってましたし。

またいらしてください^^
2006/07/20(木) 21:24 | URL | じゅんぺい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/tb.php/100-2cdf813a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。