映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
blog概要
映画の感想
 独断と偏見による映画の批評を書いてます。
TV・ゲームの日記
 ドラマやお笑い番組の感想、TVゲームのレビュー等をつらつらと書いてます^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界的大ヒットファンタジー小説、ハリー・ポッターの映画シリーズの最終回となる映画、ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2を見てきました。
キャストの皆、大人になりましたねー^^

一番最初の作品から、それだけ年月がたっているということですよね・・・

原作小説も、発売日に毎回買い読んできましたが、映画も毎回見ています。

もちろん小説で先に読んでいるので、ストーリーは知っているわけですが、映像でみてもまた再度楽しいですね^^

特にこの死の秘宝の後半は、スネイプの正体とか明らかになりますし、このシリーズ一、見所がつまっている部分だと思います。

そして最後のクライマックスとその後のおまけエピソード。

クリント・イーストウッド監督のシリアスな作品も、ジブリのほのぼのした作品も、またそれぞれ魅力的な映画ですが、このハリー・ポッターシリーズのようなファンタジー映画も、また映画に必要なひとつのジャンルだと思います。

これだけ多くの人に愛され、続いた小説・映画。

その作者、映画作成関係者にお疲れ様といいたい感じです。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2あらすじ
(goo映画より)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD18175/index.html
ヴォルデモートを倒すため、彼の魂を7つに分けて収めた“分霊箱”を破壊しようとするハリーとロン、ハーマイオニー。
4個目の分霊箱“ヘルガ・ハッフルパフのカップ”を壊したハリーたちは、秘密の通路を通ってホグワーツ魔法学校に戻る。
しかしホグワーツは昔と違い、校長となったスネイプに支配されていた。
ハリーがスネイプに反旗を翻した時、不死鳥の騎士団のメンバーたちが再び立ち上がった。
そして、不死鳥の騎士団と闇の勢力の戦いが始まる!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。