映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
blog概要
映画の感想
 独断と偏見による映画の批評を書いてます。
TV・ゲームの日記
 ドラマやお笑い番組の感想、TVゲームのレビュー等をつらつらと書いてます^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブシャッフル第三話 2009年1月30日放送の感想

今日の放送でもいろいろ動きがありましたが、かなり性格がわかってきましたね。

大事なところではキラキラ輝く主人公啓(玉木宏)

いろいろ相手のことを考える(考えすぎなくらいな)お嬢様、やっぱり啓が好き香川芽衣(貫地谷しほり)

思いやりのある熱い逢沢愛瑠(香里奈)、時にそれが行き過ぎて同情から恋愛がスタート

今週もひたすらかっこいい世良旺次郎(松田翔太)

表面的には大人にふるまっているが、それは自分の感情を素直に出せなくなっている反動かも。過去の傷から抜け出せない菊田正人(谷原章介)

あと3人は割愛です(笑)

まだいろいろな組み合わせで、いろいろ事件も起きそうですね。

来週の予告もドタバタな感じでしたし。

ではまた来週。

ラブシャッフル 第三話あらすじ(TBS公式HPより)
啓(玉木宏)は、記憶にはないものの酔った勢いで最初のラブシャー相手・玲子(小島聖)と一夜を過ごしてしまった。啓は愛瑠(香里奈)・旺次郎(松田翔太)・正人(谷原章介)に、玲子とのことを芽衣(貫地谷しほり)に言わないで欲しいと口止めをする。しかし、そんな啓に2回目のラブシャー相手が芽衣である旺次郎は、挑発的な態度を見せ、啓の不安を煽る。そんな矢先、啓は婚約解消されそうなことを知らない芽衣の兄・浩介(野村祐人)から、結婚披露宴の招待客リストを見せられ、その凄さに驚き芽衣を呼び出す。慌てる啓に芽衣は、「旺次郎と寝た」と告白。啓は恐れていた出来事に愕然となる。

その夜、啓は恒例になった愛瑠・旺次郎・正人との集まりで、旺次郎が撮影した芽衣の写真を見せられる。今まで見たことがない芽衣の姿を写真で見た啓。芽衣から、旺次郎と体の関係を持ったことを告げられたと3人に告白する。しかし啓は、「芽衣の言ったことは信じていない」というが、旺次郎は「芽衣と関係を持った」と芽衣の発言を肯定。旺次郎の発言に激昂した啓は、旺次郎を殴り・・・ラブシャッフルを止めると言い出す。

一方、愛瑠はラブシャー相手の正人が、かつて恋人に自殺された過去があると知り・・・。


出演:玉木宏、香里奈、松田翔太、DAIGO、吉高由里子、小島聖、貫地谷しほり、谷原章介、他

ラブシャッフル 第3話感想
ラブシャッフル 第2話感想
ラブシャッフル 第1話感想
スポンサーサイト
ダウンタウンDX 2009年1月29日放送分の感想

なんだかんだで毎週見てしまうダウンタウンDX。
今日のメンバーでトーク期待できるのは、千秋でしょうか。

やはりこの人、安定して面白いですよね(笑)

今回は、子どもの頃の写真と、傷心旅行のハワイ、それにまつわる仕事をセーブする話あたりがでました。
さすが父娘そろっての熱狂的な阪神ファンです。

キム兄は、おもしろい話とそうでない話と結構波がありますよね。
なんだかんだ最低限の話術はあるので、ダウンタウンDXでもトリをまかされることが結構ありますが、今日のはちょっと弱めでした。

たまにいい話あるんですけどね。

今日の場合はむしろラサールさんのケイちゃんへのラブメールの話のほうがはるかに面白かったですし、オチ向きでした。
清水圭さんに間違って送っていたとは。

確かにあのシチュエーション、清水圭の立場からすると先輩にどう返すか、迷うところではあります(笑)

他の出演者、小池栄子さんや中尾さんは、まあいつも通り安定したしゃべり。

そろそろメンバーもマンネリしてきたので、ニューフェイスでトークに切れがある人に出てきて欲しいですね^^
ドラマ トライアングル #04  2009.01.27放送 の感想

いやー 今日も江口さんかっこよかったですね。

なんか「今度こそ守る」という意思がにじみでていて^^

どの人も怪しいこのドラマ。

まだまだ謎も多いですし、1つ明らかになると、また1つ謎が。

まあ鍵を握っているのは、北大路さん演じる警察の大物と、顔にあざがある男、風吹さん演じるサチの母、父、志摩野、あたりですね。

当初昔の同級生の中にもいるかと思いましたが、今のところこれ以上はなさそうです。

毎週、緊迫した場面あり、圧力をかけてくる場面あり、ちょっとした恋心あり、と見どころは盛りだくさん。

オススメのドラマです^^

トライアングル 第4話感想
トライアングル 第3話感想
トライアングル 第2話感想
トライアングル 第1話感想
あいのりの感想 #434 心の闇 20090126放送

今日のヤマジ、いろいろ過去が明らかになりましたよね。
確かにクセのある子ですから、彼女の話が、全部そのままだったかどうかはわかりませんが、いずれにせよ、ギャンブルで仕掛けた男子達、ラブレター晒した人達は、ひどいことをしましたよね。
その前段階にいろいろあったとしても。

シュレック、今回は仕方ありません。

ああいわれれば、シュレックの経験値では好きになっても仕方ありません。

来週はまたヤマジが暴れるようですね。

ではまた来週。


あいのり#434 心の闇 あらすじ ヤマジの知られざる過去が今夜明らかに!!/シュレックが恋に落ちた!

あいのり 10―恋愛観察バラエティー (10)
あいのり 10―恋愛観察バラエティー (10)

関連商品
あいのり9
あいのり―恋愛観察バラエティー (8)
あいのり〈7〉―未来の地図
あいのり 6 スターゲイザー~夢追い人
Fate
by G-Tools


リンク
あいのり公式HP
Yahoo
あいのり
あいのりの感想
今週のぐるナイは高級カリフォルニア料理対決。
何気にこういう創作料理系は、感覚よりも値段が高いですよね。

確実に、皆がオーバーしてましたし。

思っていたよりも実際高いわけですから、お店の人はどう感じるんですかね。

要は1万円で出している料理を、7000円の価値だと判断されているわけですから(笑)

今回のお店ELEMENTS(エレメンツ)はHPで見ても、かなり内装がオシャレ系、場所も結構いいところなので、雰囲気と場所代が相当かかってますね・・・

ゲストのGacktさん、かっこいいですねー。
食べたあとの笑顔もかわいらしくて、女性の母性本能をくすぐるのがよくわかります。
求められているトークもできるし、最近バラエティちょこちょこ出てますけど、今後引っ張りだこになりそうですね。

勝負の結果はもう途中でわかってましたよね。
江角さん、ヒドすぎです(笑)

来年はもういない気がしますが、もう少し江角さんの活躍見たかったですね・・・

それにしても森泉は、いつもきっちりいいところを押さえている気がします。
やはりこういうお店での経験値が結構あるのでしょうね。





トライアングル 第3話の感想

今日の前半は、郷田(江口洋介)と舜(稲垣吾朗)のかけあいなんかもありながら、のんびりスタートしたものの、中盤から後半にかけて、怪しいメンバーが次々といろいろ動き始めています。

舜の父である警察幹部

顔にあざがある男

志摩野(堺雅人)

葛城均(大杉蓮)

と複数の怪しい男がおかしな行動、態度をとっています。

それだけに郷田のまっすぐさ、かっこよさが際立ちます。

いやーこういう来週の放送が楽しみでしかたないどらま久しぶりです^^

トライアングル 第3話感想
トライアングル 第2話感想
トライアングル 第1話感想
あいのりの感想 #433 乙女の妄想プールサイド 20090119放送の感想

先週に引き続き、今日の主役もヤマジ。

今日のタイトルの「乙女の妄想プールサイド」、偽りなしです(笑)

今まで「彼ができたらこうしたい」「好きな人とこうしたい」という妄想が、これでもかと爆発してしまいました。

でも、

でも、

ここまでやりすぎてしまったとしても、

確かにただっちひいてしまうかもしれませんが、

相手は必ず意識はします。

それほど好きでもなかった相手だとしても意識します。

それだけボディタッチの男への効果は、すさまじいです(笑)

本当男って単純ですよね・・・

私も若いころ、全然友達としか思っていなかった相手に手を握られて、好きになった思い出があります。

あいのり 10―恋愛観察バラエティー (10)
あいのり 10―恋愛観察バラエティー (10)

関連商品
あいのり9
あいのり―恋愛観察バラエティー (8)
あいのり〈7〉―未来の地図
あいのり 6 スターゲイザー~夢追い人
Fate
by G-Tools


リンク
あいのり公式HP
Yahoo
あいのり
あいのりの感想
イロモネア 2009年1月18日放送 の感想

今割と人気のある若手タレントが集結したスペシャル。

個人的にはどきどきキャンプ、ゴージャス、オードリーに期待してましたが、オードリー以外は最後まで残れず。
まぁ ゴージャスは彼にしては頑張りましたが、もう全部エア地球儀でこじつけてやるほうが、まだ良かったような(笑)

最後まで残ったのは4組、はんにゃ オードリー 超新塾 ザブングル。

ザブングル余計でしたね、なんであれで観客が笑うのか不思議でなりません。

はんにゃ、つぼにはまると笑いがおきますが、まだ引出しが少ないですよね。
若いのでこれからのコンビですけども。

超新塾は可もなく不可もなく、いつもの彼ら。これ以上伸びしろは感じられないので、ここまででしょうか。

オードリー・・・
観客も味方についていたし、とれる空気はあったのに、最後のネタがあれでは・・・
M-1と同じで、チャンスをものにできない勝負弱さを感じます。

もったいない・・・・
ショックです。ずっと楽しみに見ていたあいのりが終了するなんて。
若者の成長と恋愛をハラハラドキドキしながら、見ることができて、自分がまだ10代後半、20代前半だったころの気持を思い出させてくれる番組だったのに・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090117-00000051-sanspo-ent
フジテレビ系「恋愛観察バラエティー あいのり」(月曜後11・0)が3月いっぱいで終了することが16日、分かった。男女7人が世界各地を旅行する中での恋愛模様を追うという異色の恋愛バラエティーで、同時間帯では異例の平均視聴率15.3%と人気番組に。だが、放送開始10年目の節目を迎えて、番組としての役割を果たしたと同局が判断したようだ。

10年の節目で役割を果たしたとか言ってますが、この不景気で番組制作コストと視聴率のバランスがあわなくなってきたのでしょうか・・・

過去の放送をネット動画で流すようにするなど、まだ続けそうな雰囲気だっただけに残念で仕方ありません。

お笑いタレントが出て、スタジオ収録。トーク番組か、短いネタ見せの番組。簡単なゲームをやったり、クイズをやったり。
バラエティって、どんどん同じような安く手軽に作れる番組ばかりが増えているなか、このあいのりは、オーディションして、海外ロケして・・・でも、何日もかかって作ったものが30分に編集される。
イントロの歌の時バックで流れる映像が、いかに本編で放送されないロケが多いか、物語ってるわけですが、こういうちゃんと作っている番組がなくなってしまうのは残念です。

とても残念です・・・
ラブシャッフル第一話 2009年1月16日放送の感想

今日見たラブシャッフル第一話。TBSとしては野島伸司(脚本)でこのキャストですから、このクール、一押しのドラマなのでしょう。
ユニークな設定ですが、野島さんの脚本に、イライラさせられたりハラハラさせられたり振り回されそうな予感がします(笑)

玉木宏、最近こういうコメディタッチの役多いですよね。
正統派二枚目なのに。

谷原さんは安心して見ることができます。

モデルの香里奈さん、だいぶ女優業なれてきましたよね。今ではまったく違和感がないです。

松田翔太君、存在感ありますねー
やっぱり目に力があります。

DAIGO・・・
ダメでしたねえ。もうドラマの仕事はこないかも。

第一話は、当然キャストが次々と登場し、人物設定が紹介されるような展開。
でもそれだけになかなかクセのあるメンバーがそろっているのが強調され、今後期待できそうな雰囲気です。
来週以降も見るつもりです^^

ラブシャッフル第一話あらすじ(TBSラブシャッフル公式HPより)
29歳の若さで一流IT企業の課長の座にいる宇佐美啓(玉木宏)。
啓は一見、人から見ればエリート然としているが、実態は二流の大学すらろくに卒業出来ず、婚約者である香川芽衣(貫地谷しほり)の父親の会社にコネ入社。
高級マンションの最上階に住んではいるものの家賃も養父に出して貰っているという男。
そんな分不相応な生活を手に入れた啓だったが、結婚を三ヵ月後に控えたある日、突然、芽衣から婚約解消を言い渡され、愛情と安定した生活を失う憂き目に直面する。
芽衣の突然の心変わりが理解できず、何とかして芽衣の気持ちを取り戻したいと願う啓・・・。

そんな矢先、啓は帰宅したマンションのエレベーターで偶然、同じフロアに住んでいるらしき三人、三ヶ国語を操る通訳の逢沢愛瑠(香里奈)、女性専門のプロカメラマン・世良旺次郎(松田翔太)、心療内科医の菊田正人(谷原章介)と乗り合わせるが、雷雨による停電でエレベーター内に閉じ込められてしまう。復旧を待つ間、正人の提案で啓たち四人は互いに自己紹介をするが、啓はひょんなことから婚約者と上手くいっていないことを告白。
一見恵まれた環境と容姿を持つほかの独身の3人もそれぞれ何かしら問題を抱えている様子で、4人は急速に打ち解ける。

数日後・・・4人は正人の提案したあるアイデアを実行するためにレストランに集まった。啓は芽衣を、愛瑠は青年実業家の大石諭吉(DAIGO)を、旺次郎は人妻の上条玲子(小島聖)というそれぞれのパートナーをともなって。しかし、啓は乗り気でなかった。なぜなら、正人の提案とは、互いにそれ程上手くいっていない自分のパートナーを皆で「ラブシャッフル=恋人交換」してみるというものだったからだ・・・。

出演:玉木宏、香里奈、松田翔太、DAIGO、吉高由里子、小島聖、貫地谷しほり、谷原章介、他
ドラマリセット、夜9時にスペシャル番組をやっていて、0時近くから新番組としてはじまったようですが、なかなか面白いです。
人生をやりなおせたら、誰しもが思うこと、そのifをドタバタと見せてくれますが、怖い話が多そうですね(笑)

今日も夜の特番の「恋のゆくえ」が怖かったです。片瀬那奈さんが最後に選ぶのは・・・

そしてそれがココリコ田中が天使になる前段となっていて、本編につながっています。

今回のクール、ドラマはトライアングルだけにしようと思ってましたが、ついリセットも見ちゃいそうです。

ちょっと他局の世にも奇妙な物語のにおいがしますが(笑)

リセット  「ひきこもり女の復讐」あらすじ
長沢真理はひきこもりという事を隠し、普通の女子大生を演じながら外科医志望の滝沢マコトとチャットを楽しんでいた。
そんな折、妹の理沙にチャットしている事がバレてしまう。そして自分の写真を送信してきたマコトからは、真理にも写真を送って欲しいと要求される。
外見に自信がない真理は理沙に言われるがまま理沙の写真を送信する事に。
後日、理沙が真理としてマコトと会っていた事が判明。真理は自分の写真を送っておけば良かったと後悔する。
すると、アンリが現れ、人生をリセットするチャンスを与えると告げる。真理は戸惑いながらもYESを選び、時間は写真を送信する前までリセットされる・・・。
トライアングル 第二話 の感想

今週も謎が謎を呼ぶ展開。
まだまだ伏線を回収する段階まできてないので、つぎつぎと登場人物の謎が増えていく状況が展開していきます。

明らかになったのは、せいぜい堀米(マギー)の事件が、狂言強盗だったことぐらい(笑)

ついつい見てしまう良質のドラマ。

ドラマを毎週見る習慣が最近なかったので、つい見るのを忘れちゃいそうで怖いですが、録画予約してちゃんと毎回見たいドラマです^^

トライアングル 第二話あらすじ
清子(風吹ジュン)はある男からの電話で、佐智絵(志田友美)が残した手紙の存在を思い出し、パニックに陥る。
 亮二(江口洋介)は志摩野(堺雅人)から、サチ(広末涼子)が葛城家の養女になった経緯を知る。サチは手紙を見つけ、ある男の元へ向かう。
ロンドンハーツ  格付けしあう女たち 2009年1月13日放送の感想

テーマは「(一般男性に聞いた)付き合っても何のプラスにもならない女」というこれまた手厳しい内容でした。

発表者:柳原可奈子
1位 misono これがmisonoよ!と自分をつらぬく)
2位 杉田かおる(男にまったく尽くさない。)
3位 秋山莉奈(彼氏のテリトリーにガツガツ入っていく。飲み会についていったりとか土足感。)
4位 大島麻衣(AKB48)  (損得勘定で男を査定。そして熊田曜子に似てると プププ)
5位 鳥居みゆき
6位 はるな愛(ON:サービス精神旺盛。OFF:彼氏に求める条件が多い。)
7位 青木さやか (嫌な事こそ家庭で解決。)
8位 柳原可奈子 (男のプライドは守る説教でプラス効果。)
9位 スザンヌ (自分の良かった点を3つ誉めてから寝る。)
10位 青田典子 (嫌な事は家庭に持ち込まず。)

一般男性ランキング
1位 杉田かおる
2位 鳥居みゆき
3位 柳原可奈子
4位 青田典子
5位 misono
6位 大島麻衣(AKB48
7位 はるな愛
8位 秋山莉奈
9位 青木さやか
10位 スザンヌ

今日の放送で特に印象に残ったのが、はるな愛と鳥居みゆき。

まずきょうのはるな愛はヒドかった。
空気は読めてないし、でしゃばるし、かといって笑いも取れてないし、完全に浮いてた。
まだ格付けになれてなくて、気負いが悪い方向にカラ回った感じ。

鳥居みゆきは、ポイントをついて、いい感じで個性を発揮。
発言にもありましたけど、この人意外とルール守ってますよね(笑)

柳原可奈子、若くしてうれちゃったからあれだけど、それなりのストレス抱えていそうですね。
ちょっと今日はそれがでちゃった感じ。

一般男性のmisonoの印象、本当に前より良くなっているんでしょうか?

私はこの中ならmisonoが一番嫌です・・・
あいのりの感想 #432 月とプール 20090112放送の感想

今週のヤマジ やばかったですねー(笑)

ただ修羅場となる感じはしないので、コーナー予告には偽りがあるような気はしますが・・・

経験がないから妄想が激しい という設定になっていますが、そういう問題ではない気もします。
もともとの性格的に思い込みが激しいタイプというか、突き進んじゃうタイプというか、間違いなくストーカー気質な気もしますし。

ただっちは今のところどう思っているんでしょう。
おそらく「変わっている子」とは思っていると思うのですが、変わっているからなのか、自分を好きだからこその行動なのか見分けがついていない可能性もある気がします。

でもまあさすがに好意には気づいているか(笑)

さてさて、来週はヤマジの暴走の続きのようです。

来週も楽しみです^^

あいのり 10―恋愛観察バラエティー (10)
あいのり 10―恋愛観察バラエティー (10)

関連商品
あいのり9
あいのり―恋愛観察バラエティー (8)
あいのり〈7〉―未来の地図
あいのり 6 スターゲイザー~夢追い人
Fate
by G-Tools


リンク
あいのり公式HP
Yahoo
あいのり
あいのりの感想
ぐるナイ変革ゴチ・新メンバーはアノ女優スペシャル!! 01月09日(金)19:00放送の感想

赤坂の老舗『赤坂樓外樓飯店(あかさかろうがいろうはんてん)を舞台に新メンバーに江角さんを加え、ゴチ10がスタート。

しかしいつもそうですが、新メンバー発表ひっぱりすぎですよね?(笑)

矢部っちのいない、ゴチ、進行どうなるかと思いましたが、まあなんとなく行けそうですね。

今はまだ噛み合っていませんが、江角さんもともと姉御肌で岡村が暴走してもつっこんでコントロールできそうですし、ちょうどいい補充かもしれません。

しかし今回のゲストの高橋Qちゃん、つい先日のグータンでも江角さんとトークしてましたから、ちょっとなーとは思いました。

グータンはトーク中心なので、高橋さんの意外な一面もいろいろ見えた後だっただけに、うまく彼女の特徴がこの番組では出なくて残念でした。

中華は値段難しいですね。フカひれとかちょっと見たり食べたりしただけだと、ランクがわかりません。

今回もみな値段バラバラでしたね^^

なんだかんだゴチ見続けてますが、今年も楽しく見れそうです。
映画 K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 の感想

邦画の歴史SFエンターテイメント作品もここまできたかーと思うぐらい映像はなかなかです。
いろいろつっこみどころはありますが、こういう作品は細かいことはあまり気にせず、楽しんでしまうほうが勝ちな気はします。

また主役の金城武さんと松たか子さんも好演していると思います^^

明智さんが彼で、こういう設定だというのは賛否両論あると思いますが、私はどちらかというとネガティブです。
その点を除けば、邦画娯楽大作としてよくできていると思いました^^

もう1回見たい映画とは思いませんけども。

55点

K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝あらすじ
極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。
ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、財閥令嬢・葉子(松たか子)と名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結納の儀に潜入して写真を撮ってくる依頼を引き受ける。(シネマトゥデイより)
トライアングル 第一話の感想

たまたま家にいてテレビで見たのですが、久しぶりにはまりそうなドラマです。
制作する関西テレビの開局50周年記念ドラマとしてスケール感のある良質なサスペンスドラマの予感がします。

出演陣も江口洋介、広末涼子、稲垣吾郎、北大路欣也、相部紗季、谷原章介、佐々木蔵之介と、主役級がゴロゴロしていて豪華。

1回目の放送は、主要なキャラが顔見せする展開ですが、今後の謎解きのヒントとなる伏線があちこちに張られ、クセのある登場人物達のウラガワにも興味を抱かせます。

毎週火曜夜10時、見てしまいそうです。

トライアングル 第一話あらすじ
小学生のころ、恋心を抱いていたクラスメートを誘拐、殺害された体験を持つ郷田亮二(江口)はいったんは医者となるが、事件が時効になったことに憤りを覚え国際警察官に転職。
日本の所轄署に出向を命じられるが、それを機に職務外で当時の事件の再捜査に乗り出す。
そして、事件後、被害者の家庭に1人の少女が養子として迎えられていたことを知る。
それが葛城サチ(広末)だった・・・。
芸能人格付けチェック2009 お正月スペシャルの感想

何気に毎年楽しみにしている年末年始の番組のひとつがこの芸能人格付けチエック。
高橋英樹とか、本当の一流どころが今回はでないのでどうなるかなーと思いましたが、1人いましたやってくれる男が!

そう、Gackt様です(笑)
いやーかっこよかったですね、たたずまいも、セリフも、1人だけ別室になってもブレず自信がある様子だったとことか、その後正解だとわかったときの嬉しそうにはしゃいだガッツポーズとか。
DAIGOへのつっこみも良かったし、今後この番組にレギュラー出演してほしいです。
でもなんでこれにでたんだろう?(笑)

今回は
「ワインチェック」一本100万円のフランス産シャトー・ムートン・ロートシルト1952と5000円のテーブルワイン
「音感チェック」総額36億円のヴァイオリンとヴィオラによる二重奏と、総額20万円の練習用楽器による二重奏
「味覚」鍋の食材
「演出チェック」雀監督とひぐち君の作品比較
「華チェック」華道家・假屋崎省吾が生けた花と、大林素子の作品の比較
「味覚チェック」では、100g5000円もする高級宮崎牛と100g600円のオージービーフ

画面で見ていても、いつもよりもわかりやすかったですね。
鍋のすっぽんやクエあたりは私も普段食べてないので自信ありませんが、他はわかりそう。

締めの味覚チェック。たぶん芸能人の皆さんオージービーフをあまり食べてないんでしょうね。
脂っこいオージービーフって、あまり食べたこと無いです。スーパーでも霜降りのオージーってあんまりないですよね? 脂っこいっていうだけでも、オージーではないほうを選べそうなものですが・・・

この最後の問題もGackt様の見どころでした。

ぜひ次回も彼の活躍が見たいですね^^

あらすじ
 芸能人のランク付けバラエティの元祖「芸能人格付けチェック」が、2009年元日に登場!
格付けマスターはもちろん浜田雅功と伊東四朗の2人。
“一流”の芸能人たちがチームを組み、「ワイン」「音感」「味覚」「華」「演出」など各ジャンルの“超一流品”の鑑定に挑戦!その結果によって、「一流芸能人→普通芸能人→二流芸能人→三流芸能人→そっくりさん」とランクがドンドン下がっていき、最終的に「映す価値なし」となって画面上から姿を消されてしまうという、非常に過酷な格付けバトル。
テレビ番組の感想
あいのり
あいのりの感想
毎週月曜日23時フジテレビ系列で放送中の恋愛バラエティ番組あいのりの感想を書いてます。

ドラマ
トライアングル.net
ドラマ トライアングル(フジテレビ系列で毎週火曜午後10時から)の感想、あらすじ等

ラブシャッフル.net
ドラマ ラブシャッフル LoveShuffle (TBS系列 毎週金曜夜10時から)のレビュー

エンタメニュース
エンタメ日々更新
エンタメ系のニュース(芸能界、TV、映画等、エンターテイメント業界全般)に対して日々コメント


映画の感想
映画どうでしょう
映画の感想等

漫画の感想
コミックZ
新刊コミックの感想・オススメ漫画の紹介等
就職・資格
就職準備.net
就職前にしておいたことがよい事、読んでおいたほうが良い本、取っておいたほうが良い資格、等を紹介

簿記Z
日商簿記や米国公認会計士(USCPA)の合格体験記、会計・ビジネス書の書評等

簿記ガイド.net
簿記・会計・CPAの情報等

簿記のススメ
日商簿記検定試験について。資格の効果や、日商簿記学習本の紹介、通信教育の比較

マネー
新興市場で株式投資
新興市場での有望銘柄探索、日々の株式投資日記等

経済ニュース
マネー日々更新
株式市場、為替市場、経済のニュースにコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。