映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
blog概要
映画の感想
 独断と偏見による映画の批評を書いてます。
TV・ゲームの日記
 ドラマやお笑い番組の感想、TVゲームのレビュー等をつらつらと書いてます^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あんまりフジテレビ見ないんですが、例外的に楽しみにしている番組があります。

それは、人狼(JINROH)。

以前からあるトークバトルゲームなんですが、テレビで深夜時々芸能人がこのゲームを番組がフジテレビで放送されています。

http://www.fujitv.co.jp/jinroh/

芸能人が出ているんですが、それぞれの本質とか、どのくらい機転が利くとか、いろんな面も出て面白いです。

よゐこの有野、意外と頭まわるね、とか。

おぎやはぎの矢作は、予想通り頭いいね、とか。

淳は裏切り者が似合うね、とか。

そして時々、女優さんとか俳優さんで、とても残念な人がいます。

番組の宣伝のため出てくるわけですが、
スポンサーサイト
恒例の人志松本のすべらない話。楽しみにしていたので、録画しながら見ました。

松本人志さん健在ですね。
すべったり緊張している人にちゃんと気を配れて

千原ジュニア 
話長いですねー(笑)
ペルーと、ファンレターの話と両方長い。
どちらも面白いには面白かったですけどもね。

宮川大輔さん、蚊の話はクスリと笑いました。

ケンドーコバヤシ
どちらも若干の下ネタを含む相変わらずの健在ぶり

兵動
新幹線面白かったですね。

小籔千豊
抜群の安定感。新喜劇の先輩の話をさせたら天下一品

恵俊彰、設楽統(バナナマン)
この2人はもう少しやれるかと思ったのですが・・・

塚地武
私はそこまではまりませんでした

猫ひろし
序盤痛々しかったですが、場違いななか、最低限の仕事はしたのでは

後藤淳平(ジャルジャル)
うーん

北見寛明
個人的には今回1番良かったと思います、ハンサムトーク
2つ目の話、ハンサムトーク重ねてくるかと思ったら、相方の話。
これも全国放送で相方をアピールしたい愛ゆえか。
また見たい芸人さんです。

昨日のキングオブコント2010。キングオブコメディの優勝は納得でした。
「キングオブコメディ」「TKO」「ロッチ」「ピース」「ジャルジャル」
「エレキコミック」「ラバーガール」「しずる」
が出場してましたけど、
ジャルジャル私どこが面白いのかまったくわからないのですが。

特に2本目のおばさんのコント。

ただ見ててうざかっただけです。

「男爵と弟子」を演じたピースの2本目は良かったですねー。
942点の好評かも納得です。
結構笑いました。

そして優勝を決めたキングオブコメディの2本目の自動車教習所のネタ。

彼らの持ち味が発揮されていて、安定してよかったですね。

キングオブコントはM1に比べて、なんとなく格下感がただよってましたが、今回は今までよりも良かったですね。

ちなみに、私の好みで言えば、ジャルジャルだけじゃなく、TKOもどこが面白いのかわからないです。

そしてしずる、ははまると若いなーと思わされながらも笑えるのですが、今回の2本目はちょっと・・
という出来でしたね。
若い女性には、ああいう雰囲気でも受けるのかもしれないですけども。

キングオブコメディ、優勝おめでとうございます^^

『キングオブコント2010』3代目王者にキングオブコメディ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100922-00000037-oric-ent
人志松本のすべらない話、大好きでもちろん毎回見ているのですが、今回は週末忙しく録画でやっと今日見ました。
初参戦が9人ということでしたが、
大村君、あべこうじ、やっこさん、ねづっち、の4人はなかなか健闘したのではないでしょうか。

宮川さん、ケンドーコバヤシさん、兵動さん、小藪さんあたりはさすがの安定感。

結構MSPは宮川大輔さんのお父さんの話でしたけど、確かに最後でストーンと笑わせてくれました。

ジュニアさんのキム兄の話は、まあゴールデンタイム向きではなかったですし(笑)

でも全体的に、これだけ楽しんで見れるバラエティ番組、そうはないので、また次回も楽しみです。

そういえば、最後の観覧ゲストのコメント。

JOYにはチャンスだったのに、もう一歩でしたね。

あれでは、ヨーグルトにかぶせた具志堅用高さんにも負けてましたよね(笑)

出演者(人志松本のすべらない話 フジテレビ公式HPより引用)
http://wwwz.fujitv.co.jp/suberanai/cs11.html
【プレーヤー】
松本人志、千原ジュニア(千原兄弟)、宮川大輔、ほっしゃん。、河本準一(次長課長)、ケンドーコバヤシ、兵動大樹(矢野・兵動)、小籔千豊、海原はるか(海原はるか・かなた)、いとうあさこ、大村朋宏(トータルテンボス)、あべこうじ、椿 鬼奴、佐藤哲夫(パンクブーブー)、ねづっち(Wコロン)、橋本直(銀シャリ)、金田哲(はんにゃ)

【観覧ゲスト】
赤井英和、浅香光代、浅利陽介、芦名星、五十嵐圭、五十嵐隼士、池田信太郎、石坂浩二、加藤晴彦、菊池桃子、木口亜矢、具志堅用高、西城秀樹、佐ノ山龍二、潮田玲子、篠山輝信、JOY、陣内孝則、杉本彩、鈴木杏樹、辰巳琢郎、次原かな、手塚理美、富田靖子、冨永愛、トリンドル玲奈、内藤大助、中村雅俊、名高達男、名取裕子、はいだしょうこ、ピーター、前田愛、真琴つばさ、松本伊代、萬田久子、みうらじゅん、南果歩、武藤敬司、森口瑤子、山田親太朗、優木まおみ、ローラ・チャン   計43名(五十音順)
世界の果てまでイッテQ! #68 2009.2.1放送の感想
今日は、目指せ!世界193か国制覇!珍獣ハンターイモトワールドツアー  in ラオスと
正月3が日、世界の初詣スポットいくつ回れるの? の2本

やはり私はこの番組の看板イモトさんの挑戦に目が行ってしまいます。
この人本当に頑張ってますよね。おそらくスタジオの内村さんより一桁少ないギャラでしょうけど、体張ってます。

珍獣ハンターイモトワールドツアーの10か国目は東南アジアの山岳国・ラオス。
そしてターゲットは象。
ラオスには、外国人でも取れる国家認定のゾウ使い免許があるとのこと。

イモトのパートナーはボアカムちゃん、39歳メス。

ラオス語と足の動きの組み合わせで象を動かすのですがなかなか難しそう。
そして餌を与え、一緒に水浴びをするのですが・・・

豪快ですね、象との水浴び。化粧も落ちてスッピンのイモトさんでしたが、地はそんなに悪くないような(笑)

最終試験は、グダグダでしたが、無事ラオス政府認定象使いの免許を取得!

なんかいいですね、この資格。

昔知っていれば学生時代に行ったかもしれません。

なんか履歴書に、「ラオス政府認定象使いの免許」とか書いてあったら、もうそれだけで面接官の心をワシづかみですよね(笑)

書類選考では落ちないでしょう。なんだこの学生、どんなやつだろう、って会ってみたくなるはずです。

また就職氷河期になるかもしれないですから、学生時代に何か資格が欲しい人、こういう路線もありだと思います^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。