映画やTV番組、本、TVゲームの感想を書いてます。
blog概要
映画の感想
 独断と偏見による映画の批評を書いてます。
TV・ゲームの日記
 ドラマやお笑い番組の感想、TVゲームのレビュー等をつらつらと書いてます^^

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あんまりフジテレビ見ないんですが、例外的に楽しみにしている番組があります。

それは、人狼(JINROH)。

以前からあるトークバトルゲームなんですが、テレビで深夜時々芸能人がこのゲームを番組がフジテレビで放送されています。

http://www.fujitv.co.jp/jinroh/

芸能人が出ているんですが、それぞれの本質とか、どのくらい機転が利くとか、いろんな面も出て面白いです。

よゐこの有野、意外と頭まわるね、とか。

おぎやはぎの矢作は、予想通り頭いいね、とか。

淳は裏切り者が似合うね、とか。

そして時々、女優さんとか俳優さんで、とても残念な人がいます。

番組の宣伝のため出てくるわけですが、
FC2 Management
久しぶりの更新です。

今後はまたいろいろ感想を書いていこうと思います。

復帰の1回目は、DVDで借りてみた 映画エリジウム。

あらすじ
22世紀、富裕層だけが居住を許されるスペースコロニー“エリジウム”を舞台に、虐げられた地球の住人の反撃をハードに描く。

マット・デイモン主演です。

ボーンシリーズでもそうなのですが、こういうアクション系をバカっぽくなく、ある程度知性と同居させながらやらせたら彼が一番だと思っています。

私の好きな役者さんの1人です。

そしてもう1人、敵役とまでいいきれませんが、とある役でジョディフォスターが出ています。

久しぶりに見ましたが、相変わらずおきれいですね。

今何歳なんだろうと、プロフィールを見ると
1962年11月19日生まれとのこと。



50代にはまったく見えません!

すごいです。

そして映画自身の映像も、いまどきはこのぐらいのレベルが当然になってしまっていますが、なかなかの迫力。

シナリオは、もう少し丁寧にいろいろ書いてほしかったかなーとは思います。

それぞれの人物に深みを出すためにも、過去のエピソードとかもう少しはさんでくれても良かったのでは。

あとはラストですね。

まああまり書くとネタばれになってしまうのですが、私的にはもう1歩でした。

でもまあ、全体的に家で休日見るにはいいと思います。

ただし、ちょっとアクションシーンでグロいシーンもあるので子供と見るSF映画としてはオススメしません。

映画サマーウォーズを録画してTVで見ました。

細田守監督の作品、初めてみたのですが、なかなか面白かったですね。

こういうちょっと大げさだけど、たたみかけるような展開で、人情味にもあふれ、そして人と人とつながりというテーマでしっかり最後ハッピーエンド、キライじゃないです、コテコテですけども(笑)


映像が、いまどきというか、新しい感覚の映像で、新しい世代の監督さんなのかなーと。

時をかける少女もまだ見てないので、まずはDVDを借りてみて、それも面白かったら映画館で、昨日からの公開のおおかみこどもの雨と雪を見に行きたいと思います。

恒例の人志松本のすべらない話。楽しみにしていたので、録画しながら見ました。

松本人志さん健在ですね。
すべったり緊張している人にちゃんと気を配れて

千原ジュニア 
話長いですねー(笑)
ペルーと、ファンレターの話と両方長い。
どちらも面白いには面白かったですけどもね。

宮川大輔さん、蚊の話はクスリと笑いました。

ケンドーコバヤシ
どちらも若干の下ネタを含む相変わらずの健在ぶり

兵動
新幹線面白かったですね。

小籔千豊
抜群の安定感。新喜劇の先輩の話をさせたら天下一品

恵俊彰、設楽統(バナナマン)
この2人はもう少しやれるかと思ったのですが・・・

塚地武
私はそこまではまりませんでした

猫ひろし
序盤痛々しかったですが、場違いななか、最低限の仕事はしたのでは

後藤淳平(ジャルジャル)
うーん

北見寛明
個人的には今回1番良かったと思います、ハンサムトーク
2つ目の話、ハンサムトーク重ねてくるかと思ったら、相方の話。
これも全国放送で相方をアピールしたい愛ゆえか。
また見たい芸人さんです。

映画館で、映画「君への誓い」を見てきました。
実在する夫婦を基にしたラブストーリー。
交通事故で記憶を失ってしまった妻と、その夫が、困難を乗り越え再び愛を取り戻そうとする映画です。

レイチェル・マクアダムスとチャニング・テイタムがしっかりとした演技で、安心して見ることが出来ます。、記

こういう困難を乗り越えるラブストーリーって王道ですよね。

実際この映画の状況って、相当つらいと思います。

もし自分が彼の立場だったら・・・

本当に愛をつらぬけるかどうか。

自分のことを覚えていない相手と。

・・・・ 以下は多少ネタばれ含みますのでご注意を・・・

視線のくだりがあるんですが、あれがきついですね。

昔は自分をああいう目で見てくれていたからこそわかる、今君が見ているのは・・・

あれは辛い。

私なら逃げ出します。

自分がおじゃまだなと思いますし。

でも、

昔の彼女はあの相手を選ばなかった。

ちゃんと考えれば、ちゃんと覚悟を決めればつらぬけるはず。

あまり期待しないで見たのですが、結構いい映画でした^^

君への誓い あらすじ
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD20971/index.html
(goo映画より)
友人たちの立ち会いのもと、お互いに誓いの言葉を交わし結婚式を挙げたレオとペイジ。
愛に満ちた幸せな日々は、ある夜の交通事故で一変する。
頭部に外傷を負ったペイジがレオと出会ってからの記憶をすべて失ってしまったのだ。
自分が彫刻家である事、家族と絶縁状態である事、そしてレオの事も。
覚えているのは、両親と郊外の屋敷に暮らし、ロースクールに通いジェレミーという婚約者がいたと言う事だけだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。